神保町に銀漢亭があったころ

神保町に銀漢亭があったころ【第33回】馬場龍吉

リアル銀漢亭とバーチャル銀漢亭

馬場龍吉(「蒐」代表)


新型コロナウイルス感染症を避けるための3密。密閉・密集・密接を避けるということになると銀漢亭の存在も否定されたかのようでもある。もちろん銀漢亭の閉店はこれらが理由ではないのだが。

今にして思えば、この3密があったればこその銀漢亭だったのではないだろうか。銀漢亭という空間はいわばこの距離感があってこその魅力だったのではないか。

顔を出せばかならず知った顔のある心地良さ。知った顔がなかったとしても、俳縁があれば誰に話しかけても失礼のない場所だった。

と、東京近郊の人にはいつでも立ち寄れる位置に銀漢亭があり、地方から出張のついでに立ち寄ったり、わざわざ銀漢亭を目指して来られる人もいて、俳人に心地良い場所と時間を提供してきた。

もちろん訪れる人はマスター伊藤伊那男に会いたく話を聞きたく来店していたのだが。閉店で看板を下ろすまで俳句界に欠かせない俳人のサロンとなっていた。

さて、バーチャル銀漢亭だが、「銀漢」誌の巻末にある『銀漢亭日録』を毎月愉しみにしている読者も多いはず。ぼくもその一人である。

ぼくは「銀漢」誌の編集デザインを担当しており半月ほどをその作業にかかりっきりなので、リアル銀漢亭にはなかなか行けなかった。毎月『銀漢亭日録』を読んであたかも客人の一人だったような気分に浸っていた。

あれ、この人は今夜も来ているよ。あっ、この顔ぶれが揃うと、そろそろシャンパンが開く音が響くことになりそうだ。それで伊那男さんの身を心配しながらも「ああ、またやってしまった!」の決め台詞が聞けるのを待っているのだった。

自分もそこにいたような気分にさせてくれるバーチャル銀漢亭がそこにはあった。

もちろんこちらの銀漢亭はいつまでも続くのでこれからも本誌「銀漢」を愉しみにしてほしい。店を閉めてからの伊那男さんは深酒をしなくなったので待望の決め台詞も聞けなくなったかもしれないのだが。

【執筆者プロフィール】
馬場龍吉(ばば・りゅうきち)
1952年新潟県生まれ、東京都在住。第49回(2004年)角川俳句賞受賞。俳句誌「蒐」代表。「銀漢」誌、「」誌のデザイナーも務める。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第23回】松代展枝
  4. 【#24】愛媛の興居島
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#17
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋草
  2. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】
  3. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  4. わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪【季語=風花(冬)】
  5. 【書評】鈴木牛後 第3句集『にれかめる』(角川書店、2017年)
  6. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
  7. 【#37】『愛媛 文学の面影』三部作受賞と愛媛新聞の高橋正剛さん
  8. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑
  9. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  10. 【新連載】俳人のホンダナ!#1 根岸哲也

Pickup記事

  1. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】
  2. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  3. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  4. 食欲の戻りてきたる子規忌かな 田中裕明【季語=子規忌(秋)】
  5. 【冬の季語】毛糸玉
  6. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第12回】佐怒賀正美
  8. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】
  9. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
  10. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第10回】写真と俳句のグループ展のこと
PAGE TOP