連載・よみもの

【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 パン・デピス


パン・デピス

Pain d’épices


明日はクリスマスですね。

パン・デピスは、はちみつとスパイスを使った歴史の古いお菓子。十字軍によってヨーロッパに伝えられ、13世紀ごろにはブルゴーニュやアルザスをはじめ各地で作られるようになりました。伝統的なクリスマスの風情が感じられる郷土菓子です。

同様にスパイスをたっぷり使うホットワインも、クリスマス市などで売られているおなじみの風物詩。古くからシナモンやナツメグ、ジンジャーなどのスパイスには疫病を防ぐ効果があると考えられ、暗くて寒い冬の時期を乗り切るために使われてきたようです。

わたしのパン・デピスには、秋に煮ておいた新生姜のペーストを使っています。ホイップクリームやりんごのコンポートを添えてデザートにしたり、アイスクリームに添えたり。薄くスライスしたものをかりっとトーストしてフォアグラのパテをのせれば、シャンパーニュに合うおつまみにもなります。

亡きものはなし冬の星鎖をなせど  飯田龍太

季語【冬の星】【クリスマス】【聖夜】【聖菓】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半…
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【はじめに】こしだまほ
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第75回】近江文代
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  7. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐…
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  2. 主われを愛すと歌ふ新樹かな 利普苑るな【季語=新樹(夏)】
  3. 【春の季語】花粉症
  4. 【冬の季語】師走
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第49回】 小田原と藤田湘子
  6. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  7. 【秋の季語】末枯る
  8. 春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子【季語=春雪(春)】
  9. あかさたなはまやらわをん梅ひらく 西原天気【季語=梅(春)】
  10. 暖房や絵本の熊は家に住み 川島葵【季語=暖房(冬)】

Pickup記事

  1. 火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子【季語=火事(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  5. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  6. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】
  7. 【秋の季語】秋高し
  8. 【冬の季語】水仙
  9. 【春の季語】啄木忌
  10. こんな本が出た【2021年2月刊行分】
PAGE TOP