こんな本が出た【2021年5月刊行分】

  • 2021-6-1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんな本が出た
【2021年5月刊行分】


このコーナーでは、俳句に関係する本の新刊を記録しています。
*価格は、断りのないかぎり、税込(10%)価格です

*このページは、デスクトップでの閲覧をおすすめします
(スマホだと表が正しく表示されないことがあります)


【雑誌】

雑誌名特集出版社価格
俳句 2021年6月号推敲の現場角川文化振興財団950円
俳句界 2021年6月号関西俳句を辿る文學の森1000円
NHK俳句 2021年 06月号NHK出版700円
俳句四季 2021年 06月号東京四季出版1000円
俳壇 2021年6月号自画像としての俳句本阿弥書店900円
100年俳句計画 2021.06ビートルズ213プロジェクト 総集編マルコボ.コム660円

【一般】

書名著者名出版社価格
季語ものしり事典新海 均 (著)KADOKAWA880円
芭蕉に学ぶ―表現力と鑑賞力を養う戸田 冨士夫 (著)新葉館出版1780円
究極の俳句髙柳 克弘(著)中央公論新社1760円
俳句で学ぶ唯識 超入門: わが心の構造多川 俊映(著)春秋社2200円


【句集】

書名著者/自選句出版社価格
薫陶木暮陶句郎 (著)ふらんす堂3080円
◆自選十五句
この窓の四半世紀や初景色
水と土ぶつけて轆轤はじめかな
窯口に人日の闇ありにけり
体ごと振るフライパン春隣
梅くぐる君は光となりながら
太陽の寿命を言へば亀鳴けり
心とはすぐ染まるもの桜の夜
水音の透けてをりたる谷若葉
航跡といふさよならやサングラス
夏帯を鏡の中に軋ませて
野分あと筆圧強き手紙来る
両の手は太古の器水の秋
目の前の未来信じてばつた跳ぶ
虹色の鳩降り立てる初時雨
銃口の最も暗き狩の森
落とし物だらけの人生子 伯(著)吟遊社1980円
訴歌阿部正子(著)皓星社1980円
隣の駅が見える駅塩見 恵介 (著)朔出版1980円
◆作品抄12句
アウンサンスーチー女史的玉葱S
飛魚を鎖骨に飼っている女
バナナ売り今日はアンテナ売っている
守護霊がおられるのですビールに泡
大の字になって素足に風を聴く
蟬しぐれ友だち百人出来て邪魔
爽やかや象にまたがる股関節
月ノ出ルアッチガマンガミュージアム
ノーサイドきみは凩だったのか
牛乳のちょっと混じった雪女
蒲公英を咲かせて天と地の和解
燕来る隣の駅が見える駅
寝息と梟遠藤由樹子 (著)朔出版2860円
◆作品抄12句
単純なひかりがここに草若し
抱卵の鶴に寄りそふ鶴しづか
紫陽花のいま孵化したてなる青さ
夏空を音なき国と仰ぎけり
雨を縫ふ緋鯉となりて戻られよ
生者らのさくさく崩すかき氷
秋の風鈴まるで初めて鳴るやうに
崖あらば崖に立ちたし鳥渡る
わが一世鯨の一世銀杏散る
神楽てふ一夜の舟に乗り合はす
白鳥が雪の窪みに憩ひをる
熊と熊抱き合へばよく眠れさう
空空大竹多可志 (著)東京四季出版3080円
神鵜能村研三 (著)東京四季出版3080円
外側の私清水右子(著)ふらんす堂1870円
◆自選十句
ガム嚙みてこころ鈍しや春の昼
しやぼん玉吹く走るすべて忘れる
手を挿して泉に我を知らせたり
夕立に渋谷のしゆんとなりにけり
外側の私を流すシャワーかな
白薔薇バレエシューズは夜古ぶ
片方の靴探すごと秋行けり
マフラーをしたまま夜のボウリング
着ぶくれて頷きやすくなりにけり
寝つくまで明日の遠し冬の雨

【「こんな本がでた」バックナンバー】
>>「2021年4月分」に出た本
>>「2021年3月分」に出た本
>>「2021年2月分」に出た本
>>「2021年1月分」に出た本


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る