ハイクノミカタ

迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 中嶋憲武


迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 

中嶋憲武


世界は言葉でできている。

そう言われて思わず周囲を見回した。たしかに言葉でいえないモノは見当たらなかった。しかもそれぞれのモノが別の言葉をマトリョーシカのように包みこんでいる。たとえばいま目の前に「ハサミ」があるのだけれど、この「ハサミ」の内側には「把手」や「刃」や「小指かけ」や「裏梳き」や「ねじ」があり、「プラスチック」や「鉄」があり、また「穴」や「鋭い」や「切る」が香っている、といった具合。

言葉の木に言葉の風が吹き、言葉の雨が降り言葉の花が咲く。そして花の落ちたあと実るのもまた言葉。言葉の連鎖にからめとられ、世界はいつしか鬱蒼たる迷宮となる。

迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー

人を惑わせる迷宮の中に靴があるというのも面白い発想だし、そこへ向かうときの効果音がえれめのぴー(LMNOP)といった文字、すなわち言葉をつくりあげる部品であるというのもいかしている。ポケットの中でじゃらじゃら鳴るえれめのぴー。ちょっとまじないめいていて、ちょっとセンチメンタルなえれめのぴー。言葉の迷宮=この世界に生きることが楽しくなるような祝祭性をはらんだ、とても素敵な座五だ。

そういえば、あるとき連句仲間の冬泉氏に「こんなおもしろい俳句があるんですよ」と掲句をみせたところ、氏は即吟で〈えくすわいじー廃駅を出て〉と付句した。作品の核と雰囲気を掴みとった上で新しい風景へと掲句を送り出した、名批評のような付句だと思った。

(小津夜景)


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記」https://yakeiozu.blogspot.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】
  2. カンバスの余白八月十五日 神野紗希【季語=終戦記念日(秋)】
  3. 眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹 桑田和子【季語=白牡丹(夏)】
  4. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたた…
  5. 萩に雨こんな日もなければ困る 中原道夫【季語=萩(秋)】
  6. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】
  7. ふくしまに生れ今年の菊膾 深見けん二【季語=菊膾(秋)】
  8. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)…

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】左義長
  2. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第26回】千倉由穂
  4. 【冬の季語】八手咲く
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【7】/中島凌雲(「銀漢」同人)
  6. 【夏の季語】筍
  7. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】
  8. 【春の季語】流氷
  9. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】
  10. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#1】

Pickup記事

  1. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  2. 【書評】人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)
  3. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタインデー(春)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  5. 【春の季語】鴨引く
  6. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月27日配信分】
  8. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二
  9. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
PAGE TOP