ハイクノミカタ

詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】


詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし

三橋鷹女


以前、何かの講演で、「伝統」の表現者は息が長く晩年に良作を多く残し、「前衛」の表現者は命を燃やすように表現を行い、ゆえに短命だがその全貌が輝かしい、というようなことを聞いたことがある。
俳句においても、全てがこれに収まるというわけではないが、いくらかの書き手の年譜をたどれば、このような傾向が認められることはあるし、詩のつくり方や向き合い方によって自ずとそういう傾向が表れて来るということにも正直頷ける。

「詩に瘦せて」というのは、どちらかと言えば後者の表現者の感覚に沿ったものに思う。「わたし」という人物の、表現との向き合い方がこの措辞から伺える。二月の渚は実景的にはまだ寒さも厳しかろうが、言葉の上ではどこか硬質な抒情を誘う空間を思わせられる。

私は、この句の「ゆくはわたし」の助詞「は」がとても気に入らないでいる。無論、それが狙いなのかも知れないけれど、それにしても、助詞の「は」によって必要以上に「わたし」が打ち出されているように思う。見栄を切りすぎた感じが出ているし、良くない意味で句の調子が良すぎる。少し俗っぽくもある。予てより、「詩に瘦せて二月渚をゆくわたし」で十分なのに、とずっと思っている。

安里琉太


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



安里琉太のバックナンバー】

>>〔20〕やがてわが真中を通る雪解川  正木ゆう子
>>〔19〕春を待つこころに鳥がゐて動く  八田木枯
>>〔18〕あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
>>〔17〕しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子
>>〔16〕かなしきかな性病院の煙出   鈴木六林男
>>〔15〕こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
>>〔14〕初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を
>>〔13〕氷上の暮色ひしめく風の中    廣瀬直人
>>〔12〕旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子
>>〔11〕休みの日晝まで霜を見てゐたり  永田耕衣

>>〔10〕目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  2. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】
  3. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】
  4. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】
  5. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】
  6. 春暁のカーテンひくと人たてり 久保ゐの吉【季語=春暁(春)】
  7. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)…
  8. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】

おすすめ記事

  1. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  2. 卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#13
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
  5. 【書評】片山由美子『鷹羽狩行の百句』(ふらんす堂、2018年)
  6. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  7. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  8. こんな本が出た【2021年3月刊行分】
  9. 数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】
  10. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第119回】木戸敦子
  2. 風へおんがくがことばがそして葬 夏木久
  3. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】
  4. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  5. 軋みつつ花束となるチューリップ 津川絵理子【季語=チューリップ(春)】
  6. 「けふの難読俳句」【第2回】「尿」
  7. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】
  8. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】
  9. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】
  10. 忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介【季語=忘年会(冬)】
PAGE TOP