連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ


モワルー・オ・ショコラ

Moelleux au chocolat


いつまでも寒さの残る春ですね。ことしもミモザのテーブルクロスを出しました。

南仏のプリント生地が大好きで、訪れるたびにいろいろな柄を買い集めましたが、ミモザのクロスは早春の今にぴったり。ちょうど南仏ではニースのカーニバルや、マントンのレモン祭りが開かれている時期でもあります。

バレンタインデーは過ぎてしまいましたが、チョコレートのデザートを。
モワルー・オ・ショコラ。スプーンを入れると中から半生のチョコレート生地がとろりと流れ出す、温かいチョコレートケーキです。
耐熱カップで短時間焼いたら、すぐにお皿に出して、盛りつけを。時間がたつと余熱で中まで固まってしまうので、大急ぎです。
冷たいバニラアイスと一緒に食べるのがおいしい。余寒の頃に作りたくなるおやつです。

ぱつと明るきはミモザの花のせゐ 後藤比奈夫

季語【ミモザ】【余寒】【残る寒さ】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【書評】仙田洋子 第4句集『はばたき』(角川書店、2019年)…
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
  3. 【#35】俳誌に連載させてもらうようになったことについて
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月25日配信分】
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  7. 「けふの難読俳句」【第7回】「半月」
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年7月分】

おすすめ記事

  1. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】
  2. 【冬の季語】冬帽子
  3. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】
  4. 【春の季語】雛あられ
  5. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子【季語=啄木鳥(秋)】
  6. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
  7. 天籟を猫と聞き居る夜半の冬 佐藤春夫【季語=夜半の冬(冬)】
  8. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  9. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  10. 【夏の季語】水着

Pickup記事

  1. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  4. 麦よ死は黄一色と思いこむ 宇多喜代子(無季)
  5. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年9月分】
  7. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】
  8. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】
  9. あたたかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=冬の空(冬)】
  10. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッター
PAGE TOP