連載・よみもの

【#21】中国大連の猫


【連載】
趣味と写真と、ときどき俳句と【#21】


中国大連の猫

青木亮人(愛媛大学准教授)


大連の猫は眼が青かった。

中国の遼寧師範大学に行った時、早朝に大学周辺を散策していると小さな屋台のそばで白猫がのんびりしており、見ると両眼が綺麗なブルーだった。

人慣れしているのか、近づいても逃げずにこちらを見つめている。私も猫のそばで佇みながら様子をそれとなくうかがっていると、白猫は大きな欠伸をした後に毛繕いを始めた。

中国の人々は朝が早い。私が散歩していたのは6時半頃だったが、多くの人が足早に歩きながら職場に向かっていた。冬の朝は寒く、人々は白い息を吐きながら黙々と歩いたり、あちこちの屋台で朝食を買ったりしていた。

その忙しない朝に黙って佇んでいるのは私と白猫ぐらいであり、それが何だか可笑しかった。

毛繕いをしている白猫の様子をそれとなく見ていた私はやがてポケットからコンパクトカメラを取り出し、何気なく白猫にレンズを向けた。猫は動作を止めて「?」とこちらを見つめ、「…何をしているんだ?」と怪訝そうな表情をしながら、興味があるようでもあった。その時の猫の表情が上の写真である。

もしかすると、猫はエサをくれると思ったのかもしれない。

しかし、私が取り出したのは小さな黒い物であり、それも猫とほどよく距離を取りながら黒い物を動かしているので、猫は興味があるような、訝しいような、結局エサではないのか? といった不思議な表情を浮かべたのを覚えている。

その複雑な感情のようなものが見え隠れしする猫の表情を見ていると、白猫はどことなく仙人の化身のようにも感じられてきた。中国の大連にいるので仙人を連想したという安易な連想なのだが、悪くない空想に感じられた。

私はカメラで仙人的な白猫を幾枚か撮った後、そっと離れた。

遼寧師範大学に滞在している間は毎朝散歩に出かけたが、その後、白猫に出会うことはなかった。あの青い眼は今も曇った空を眺めたり、早朝に早足で歩み去る人々を眺めたりしているのだろうか。

【次回は1月30日ごろ配信予定です】


【執筆者プロフィール】
青木亮人(あおき・まこと)
昭和49年、北海道生れ。近現代俳句研究、愛媛大学准教授。著書に『近代俳句の諸相』『さくっと近代俳句入門』など。


【「趣味と写真と、ときどき俳句と」バックナンバー】

>>[#20] ミュンヘンの冬と初夏
>>[#19] 子猫たちのいる場所
>>[#18] チャップリン映画の愉しみ方
>>[#17] 黒色の響き
>>[#16] 秋の夜長の漢詩、古琴
>>[#15] 秋に聴きたくなる曲
>>[#14] 「流れ」について
>>[#13-4] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
>>[#13-3] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
>>[#13-2] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
>>[#13-1] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)


>>[#12] 愛媛のご当地菓子
>>[#11] 異国情緒
>>[#10] 食事の場面
>>[#9] アメリカの大学とBeach Boys
>>[#8] 書きものとガムラン
>>[#7] 「何となく」の読書、シャッター
>>[#6] 落語と猫と
>>[#5] 勉強の仕方
>>[#4] 原付の上のサバトラ猫
>>[#3] Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
>>[#2] 猫を撮り始めたことについて
>>[#1] 「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」菜の花のオイスターソースがけ
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【13】服部崇
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第82回】歌代美遥
  7. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#13
  8. 【第22回】新しい短歌をさがして/服部崇

おすすめ記事

  1. 聴診に一生の秋を聴きにけり 橋本喜夫【季語=秋(秋)】
  2. 【冬の季語】小寒
  3. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】
  4. 初旅の富士より伊吹たのもしき 西村和子【季語=初旅(新年)】
  5. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  6. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
  7. 【春の季語】蟻穴を出づ
  8. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】
  9. 百合のある方と狐のゐる方と 小山玄紀
  10. 【セクト・ポクリット読者限定】『神保町に銀漢亭があったころ』注文フォーム【送料無料】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】雪兎
  2. 愛かなしつめたき目玉舐めたれば 榮猿丸【季語=冷たし(冬)】
  3. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  4. 【冬の季語】小春日和
  5. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  6. 【春の季語】春灯
  7. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】
  8. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  9. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  10. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
PAGE TOP