連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え


蒸し鶏の胡麻酢和え

Blancs de poulet vapeur à la sauce vinaigrette au sésame


鶏胸肉でつくる蒸し鶏は、わが家の子供たちの大好物。和洋中エスニック風といろいろ使い回せるので、これさえあれば献立に困らない、最強常備菜です。
厚手のホーロー鍋に生姜とネギの青い部分を敷き、塩と多めの酒を振って蓋をして蒸します。ぎりぎり火が通ったかどうかくらいで火を止めて、蓋をしたまま冷めるまで余熱に置いておくのが、しっとり仕上げるコツ。

蒸し暑くなってくる今の時期はさっぱりと、きゅうりと合わせて胡麻酢和えで。

青嵐神社があったので拝む  池田澄子

季語【青嵐】【胡瓜】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第71回】遠藤由樹子
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第115回】今田宗男
  5. 【連載】久留島元のオバケハイク【第2回】「桂男」
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年8月分】
  8. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】

おすすめ記事

  1. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】
  2. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(夏/秋)】
  3. 夕立や野に二筋の水柱 広江八重桜【季語=夕立(夏)】
  4. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】
  5. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】
  6. 【速報&アーカイブ】きょうのできごと2021
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎
  8. 【春の季語】シクラメン
  9. 【春の季語】恋の猫
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月9日配信分】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】蓮
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(3)/鈴木牛後さん
  3. 【春の季語】春めく
  4. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司
  6. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】
  7. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  8. 【書評】鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(私家版、2019年)
  9. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  10. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
PAGE TOP