ハイクノミカタ

白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】


白梅や粥の面てを裏切らむ)

飯島晴子

もちろん、「裏切る」という言葉の意味をゴムのように伸ばしてこの句を解釈してもいい。掬ってもらえるはずの粥の面が掬ってもらえなかった、光の中に置かれると思ったら闇の中に置かれた、など。ただ、それだけではなく、「裏」「切る」に分解してイメージすることも有用だろう。粥の面の裏側、つまり粥の中から外を見る景色。梅の枝の影が粥の面を横切る景。それらの総体として、一句は立ち上がってくる。そして、梅と粥のいずれも濁った白、「裏切らむ」という動的で楽しげな調子は、句全体を明るくしているのである。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔44〕雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子
>>〔43〕髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子
>>〔42〕ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子
>>〔41〕人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子
>>〔40〕年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子
>>〔39〕白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子
>>〔38〕新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子
>>〔37〕狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子
>>〔36〕気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子
>>〔35〕蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子
>>〔34〕みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子
>>〔33〕冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子
>>〔32〕小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子
>>〔31〕鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子
>>〔30〕鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
>>〔29〕秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
>>〔28〕ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  2. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
  3. ひっくゝりつっ立てば早案山子かな 高田蝶衣【季語=案山子(秋)】…
  4. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】
  5. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  6. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】
  7. 百合のある方と狐のゐる方と 小山玄紀
  8. 初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】…

おすすめ記事

  1. 妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一【季語=五月(夏)】
  2. 【夏の季語】母の日
  3. 【新年の季語】人日
  4. ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く かくた【季語=吹雪(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  6. 名ばかりの垣雲雀野を隔てたり 橋閒石【季語=雲雀野(春)】
  7. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片岡絢
  8. 【冬の季語】冬桜
  9. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  10. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司
  2. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】
  3. 柊を幸多かれと飾りけり 夏目漱石【季語=クリスマス(冬)】
  4. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  5. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】
  6. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  7. 【新年の季語】小正月
  8. 待春やうどんに絡む卵の黄 杉山久子【季語=待春(春)】
  9. 【連載】歳時記のトリセツ(4)/中西亮太さん
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第70回】 浅草と久保田万太郎
PAGE TOP