ハイクノミカタ

雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】


雪兎なんぼつくれば声通る)

飯島晴子

また雪兎であるが、お付き合いいただきたい。晴子にとっての雪兎の原風景は、御室に住んでいたころ、縁側で作った雪兎だそうだ。「私が雪兎の実物を見たのはこの時一度きりである」と記す晴子だが、雪兎に関する記憶の数が少ないだけ、その一度きりの雪兎のイメージが強固なのであろう。しかも「一人でつくったのか、誰かいたのか、前後の記憶も全然無い」のだそうだから、ただただ、雪兎と、妙心寺の森、そこまで続く畑とがリンクしているのみである。「なんぼつくれば」には、そのような原風景を見出すことができる。

雪兎をつくるということは、雪の冷たさに触れることであり、遥か遠くの兎の魂を呼び込むことでもある。また、わずかずつではあるが、積もった雪を減らしてゆくのである。このように繰り返し雪兎を作っていれば、声も通ってくるだろう。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔43〕髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子
>>〔42〕ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子
>>〔41〕人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子
>>〔40〕年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子
>>〔39〕白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子
>>〔38〕新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子
>>〔37〕狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子
>>〔36〕気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子
>>〔35〕蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子
>>〔34〕みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子
>>〔33〕冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子
>>〔32〕小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子
>>〔31〕鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子
>>〔30〕鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
>>〔29〕秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
>>〔28〕ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 実るなと掴む乳房や春嵐 渡邉美愛【季語=春嵐(春)】
  2. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
  3. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】
  4. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】
  5. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  6. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
  7. 初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希【季語=初夢(新年)】
  8. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第10回】
  3. 老人がフランス映画に消えてゆく 石部明
  4. 【春の季語】椿寿忌
  5. でで虫の繰り出す肉に遅れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  6. 青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】
  7. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第3回
  8. 【夏の季語】草ロール
  9. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹

Pickup記事

  1. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
  2. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  3. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#13
  6. シゴハイ【第2回】青柳飛(会議通訳)
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  8. 【冬の季語】小春日
  9. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈
PAGE TOP