ハイクノミカタ

鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鉛筆一本田川に流れ春休み

森澄雄


春休みの気分がよく出ている句だと思う。
誰かがデッサンでもしていたのだろうか。あるいは農の人が落としたか。春休みだから下校中の子供が落としたというのではなさそうだ。

鉛筆はどういうのだろう。私の場合、トンボの鉛筆のような緑の、それでいて短いやつを初読ではイメージした。自句自解によれば(『俳句臨時増刊号 森澄雄読本』角川書店・1979年4月)、「庭前がまだ広い水田だった頃。道端の溝のような田川を青い小さな鉛筆が流れてきた」とある。

「鉛筆一本」という入りを、私はもう一句だけ知っている。「えんぴつ一本どれだけの蝶描けるか 小池康生」である。澄雄の句と比べると、こちらには機知の閃きがある。

しかし、鉛筆の句で春のものは多い。「ここにまた吾子の鉛筆日脚のぶ 中村汀女」、「鉛筆で髪かき上げぬ初桜 星野立子」、「鉛筆で書く音静かチューリップ 星野立子」、「永き日を鉛筆削り削り減らす 柴田白葉女」、「鉛筆を削りためたる日永かな 久保田万太郎 」、「鉛筆を落せば立ちぬ春の土 高浜虚子」(余談だが、虚子のこの句から永田耕衣の「あんぱんを落として見るや夏の土」を思い出した。耕衣のこの句、措辞もヘンだが、「夏の土」という季語も結構ヘンだ)。

鉛筆の遺書ならば忘れ易からむ 林田紀音夫」は、季とは違うところで書いたことの成功を強く思わせる。

安里琉太


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



安里琉太のバックナンバー】

>>〔24〕ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二
>>〔23〕厨房に貝があるくよ雛祭    秋元不死男
>>〔22〕橘や蒼きうるふの二月尽     三橋敏雄
>>〔21〕詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女
>>〔20〕やがてわが真中を通る雪解川  正木ゆう子
>>〔19〕春を待つこころに鳥がゐて動く  八田木枯
>>〔18〕あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
>>〔17〕しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子
>>〔16〕かなしきかな性病院の煙出   鈴木六林男
>>〔15〕こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
>>〔14〕初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を
>>〔13〕氷上の暮色ひしめく風の中    廣瀬直人
>>〔12〕旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子
>>〔11〕休みの日晝まで霜を見てゐたり  永田耕衣

>>〔10〕目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】
  2. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  3. 印刷工枯野に風を増刷す 能城檀【季語=枯野(冬)】
  4. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  5. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  6. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  7. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】
  8. 立ち枯れてあれはひまはりの魂魄 照屋眞理子

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP