ハイクノミカタ

休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】


休みの日晝まで霜を見てゐたり

永田耕衣


畳にごろんと寝転んで、庭の霜でも見ているのだろうか。昼までの間、霜の様子は少しずつ変わってゆく。それを見ている。間延びした最高の休みである。

「見る」は写生という点から考えれば、無駄にならないように、あるいは「見る」を使わない方が良い句になるのではないかなど、あれこれ考えてしまう動詞だ。しかし、「見てゐたり」という下五は、存外句会でよく見る措辞である。「見る」行為をメタ的な位置から読ませる感じが句に出やすいからか、句の調子に流した風合いが出るからか、意外とそれなりの味になりやすい。なので、私はそれなりの水準を超えて来ないと大して驚かない。

この句を読む時、「面白う雪に暮れたる一日かな 高橋睦郎」も思い出す。霜と雪が季語としてそう遠くないこと、時間の切り取り方がそう遠くないことも然ることながら、「見てゐたり」と「面白う」という俳句において攻めている言葉を用いているのも、両句に共通している点だと思う。

(安里琉太)


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞



安里琉太のバックナンバー】
>>〔10〕目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  2. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  3. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  4. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】…
  5. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 
  6. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
  7. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】
  8. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】

おすすめ記事

  1. 長き夜の四人が実にいい手つき 佐山哲郎【季語=長き夜 (秋)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石
  3. 【秋の季語】月
  4. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  5. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  6. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  7. 【冬の季語】冬眠
  8. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  9. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔
  10. 【連載】俳人のホンダナ!#7 矢野玲奈

Pickup記事

  1. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】
  2. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】
  3. 【銀漢亭スピンオフ企画】ホヤケン/田中泥炭【特別寄稿】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月25日配信分】
  5. 【第2回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 月野ぽぽなさん)
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第51回】大野田井蛙
  7. 松風や俎に置く落霜紅 森澄雄【季語=落霜紅(秋)】
  8. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司
  10. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【13】/久留島元(関西現代俳句協会青年部長)
PAGE TOP