ハイクノミカタ

初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初夢にドームがありぬあとは忘れ

加倉井秋を


一富士二鷹三茄子の初夢ならばめでたいが、ドームというのはなんとも味気ない。 だが、それがまたリアルな印象を与える。

ドームという巨大な空洞。夢という無意識的な領域。無意識は、普段は主体的に思える自身の内側にある空洞とも言えよう。丸みを帯びた巨大なドームのシルエットだけが夢の印象として残っている。

(安里琉太)


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞



安里琉太のバックナンバー】

>>〔13〕氷上の暮色ひしめく風の中    廣瀬直人
>>〔12〕旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子
>>〔11〕休みの日晝まで霜を見てゐたり  永田耕衣
>>〔10〕目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太
  2. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】…
  3. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】
  4. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  5. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  6. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】
  7. 土器に浸みゆく神酒や初詣 高浜年尾【季語=初詣(新年)】
  8. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP