ハイクノミカタ

坂道をおりる呪術なんかないさ 下村槐太


坂道をおりる呪術なんかないさ

下村槐太
(昭和39年)

秋葉原で時間ができたので、献血に行った。今回が19回目だったので、次は20回の節目を迎えることになる。

献血会場では各種ドリンクやお菓子が無料で提供されたりするだけでなく、時期ごとのイベントやポイントによってさまざまなグッズがもらえることも多い。今回も何かのポイントが貯まっていたらしく、けんけつちゃんが描かれたポーチをもらった。

そんな中で、密かに狙っているアイテムがある。それは、献血回数が10回、30回、50回に到達した際にもらえる「おちょこ」である。

最近少しバリエーションが増えたようだが、1995年に登場したこのおちょこ(ガラス器)は健在である。

10回で貰える青のおちょこは家にあるので、あとは30回の「黄」と50回の「緑」を目指すことになる。

傷病者のフォローや難病の治療を目的とする献血の景品が酒器というのはどうかとも思うが、僕のような人間がこれをモチベーションに献血している以上、提供者の増加にはある程度寄与している…っぽい。

献血後は立ちくらみやめまいの防止のため、休憩室で数十分過ごすように命じられる。今回訪れた秋葉原ルームは流石と言うべきか、漫画の蔵書数が非常に多い。しばらく棚を眺めたのち、『呪術廻戦』の続きを読むことにした。

『呪術廻戦』には、血を操る呪術が登場する。血を弾丸のように射出して攻撃したり、血を固めて防護壁を作り出したりすることができる。あるキャラは特性によりほぼ無尽蔵に血液を放出できるが、そうでないキャラもいる。彼は、輸血パックのようなものを携帯して戦闘に臨んでいた。

当然戦闘で使われる血液の量は400mlやそこらではないため、きっと彼は日頃から体調に余裕のある時に採血をして冷蔵庫に溜めているのだろう。「うーん、今日の敵は強そうだから3パック持っていくか…でもそしたら明日の分が足りないな…」みたいなことを考えているとしたら、かわいいなと思う。

坂道をおりる呪術なんかないさ
下村槐太
(昭和39年)

僕たちは血液を弾丸に変えられないけれど、実は思っているよりもいろんなことができる。ご飯を食べれば身体を動かせるし、家族を想えば手紙を書くことだってできる。今日僕が放った血が誰かの命を救ったりなんかしたならば、もはや奇跡と言ってもいいだろう。坂道をおりる呪術がないのは、僕たちがすでに坂道のおりかたを知っているからだ。

細村星一郎


【執筆者プロフィール】
細村星一郎(ほそむら・せいいちろう)
2000年生。第16回鬼貫青春俳句大賞。Webサイト「巨大」管理人。


【細村星一郎のバックナンバー】
>>〔11〕妹に告げきて燃える海泳ぐ 郡山淳一
>>〔10〕すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
>>〔9〕性あらき郡上の鮎を釣り上げて 飴山實
>>〔8〕蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男
>>〔7〕白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子
>>〔6〕煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾 赤尾兜子
>>〔5〕かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり
>>〔4〕古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
>>〔3〕銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
>>〔2〕象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
>>〔1〕三角形の 黒の物体オブジェの 裏側の雨 富沢赤黄男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  2. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  3. 蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】
  4. 鵺一羽はばたきおらん裏銀河 安井浩司
  5. 山又山山桜又山桜 阿波野青畝【季語=山桜(春)】
  6. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  7. 東京や涙が蟻になってゆく 峠谷清広 【季語=蟻(夏)】
  8. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第45回】 池田と日野草城
  2. 【冬の季語】蓮枯る
  3. 永遠に下る九月の明るい坂 今井聖【季語=九月(秋)】
  4. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔
  5. 鶺鴒がとぶぱつと白ぱつと白 村上鞆彦【季語=鶺鴒(秋)】
  6. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」苺のシャンティイ風
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月27日配信分】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第41回】 赤城山と水原秋櫻子
  10. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬の薔薇
  2. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  4. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  5. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】
  6. 【新年の季語】松飾る
  7. 秋灯机の上の幾山河 吉屋信子【季語=秋灯(秋)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月27日配信分】
  9. 秋櫻子の足あと【第3回】谷岡健彦
  10. 【冬の季語】冬うらら
PAGE TOP