ハイクノミカタ

蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】


を知らぬ天才とゐて風の中

鈴木六林男
(『荒天』昭和24年)

蛇を2匹飼っている。どちらもコーンスネークという品種で、アオダイショウのアメリカ版といった形の蛇である。

こちらはオスのタッシュくん。雨の日に我が家にやってきたのでアラビア語で「雨」という名前をつけた。ケージを散らかしまくる。先週は水入れをひっくり返し、水浸しになってあたふたしていた。

こちらはメスの春ちゃん。意図的にやっているかは不明だが、頭が良くケージを散らかさないので掃除が非常に楽。

彼らを見ると、色の違いに驚く人が多い。コーンスネークは交配による色調操作バリエーションの豊富さが魅力であり、日々愛好家により新色の作出が試みられているのだ。ちなみに、タッシュくんは原種と同じ色である(模様は異なる)。

蛇を知らぬ天才とゐて風の中
鈴木六林男

天才と呼ばれる人はしばしば、ごく常識的なことを知らない。それは天才の弱点であり、また同時に天才が天才たる所以でもある。

ときおり、天才という評価が失礼にあたるという意見を聞く。実際、天才という言葉が「常人と比較して努力をすることなく一定以上の水準に達した人」というニュアンスを含むことは事実であり、受け手の心情を踏まえるとまっとうな指摘ではあると思う。ピアニストやプロスポーツ選手などの世界は天賦の才を与えられた人が常軌を逸した努力を重ねた末に辿り着く境地であり、安易に天才と呼ぶことは自重したいものだ。

とはいえ、やはり「天才」としか言いようのない人物は存在するし、そうした人が持つスター性に憧れてしまうのもまた人である。

自分が紛れもなく「天才」と評したいのは、巨人で活躍したプロ野球選手の高橋由伸である。彼は「ストレートと変化球をどう見分けて打っているのか?」という問いに対してこう答えた。

“相手ピッチャーが足を上げたら自分も足を上げる。投げられたボールがストレートならそのまま打てばいいし、変化球だったら「あ、変化球だ」と思っているうちに若干反応が遅れてちょうど変化球のタイミングになるからそのまま振ればいい”

これを天才と呼ばずしてなんと呼べばいいのか。自分がプロ野球選手を目指している時にこの言葉を聞いたなら、野球を辞めてしまうかもしれないほどの破壊力がある。

天才の苦悩、凡人の苦悩。互いに分かり合えることはないのかもしれないが、通じ合うことはできる。それは理屈によってではなく、同じ風の中で同じ景色をただ眺めることで生まれてくる繋がりなのかもしれない。

細村星一郎


【執筆者プロフィール】
細村星一郎(ほそむら・せいいちろう)
2000年生。第16回鬼貫青春俳句大賞。Webサイト「巨大」管理人。


【細村星一郎のバックナンバー】
>>〔7〕白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子
>>〔6〕煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾 赤尾兜子
>>〔5〕かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり
>>〔4〕古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
>>〔3〕銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
>>〔2〕象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
>>〔1〕三角形の 黒の物体オブジェの 裏側の雨 富沢赤黄男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)…
  2. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  3. 消すまじき育つるまじき火は埋む 京極杞陽【季語=埋火(冬)】
  4. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  5. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】
  6. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
  7. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】
  8. 山羊群れて夕立あとの水ほとり  江川三昧【季語=夕立(夏)】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第11回】小島 健
  2. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友
  3. 鳥屋の窓四方に展けし花すゝき     丹治蕪人【季語=花すゝき(秋)】
  4. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月10日配信分】
  6. 【夏の季語】雲の峰
  7. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  8. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】
  9. 【冬の季語】雪掻
  10. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】霜柱
  2. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】
  3. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  4. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  5. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  6. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  9. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】
  10. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
PAGE TOP