ハイクノミカタ

煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾 赤尾兜子【季語=艾(春)】


煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾

赤尾兜子
(『虚像』昭和40年)

「・(なかぐろ)」が好きである。つける必要のないところにも、つけたくなる。

「モロボシ・ダン」のような人名につくものから「デス・ゲーム」のように2語を組み合わせた単語につくものまでさまざまであるが、特に好きなのは「ダンス・ダンス・ダンスール」のように、同じ単語の繰り返しにつくタイプのなかぐろである。

俳句でも常々使いたいと思っており,昔〈電波塔・風車・イヴ・サンローラン〉という句を作ったことがある。多分なかぐろが好きで作ったわけではないはずだが、神野紗希の作にも〈指・睫毛・吐息・耳朶・ラ・フランス〉がある。

煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾
赤尾兜子
(『虚像』昭和40年)

掲句には僕の一番好きな「繰り返しタイプ」のなかぐろが使われている。最後の艾(もぐさ)とはヨモギの葉から作られる綿状の物質で、火をつけて灸として使うのだという。

渇きと渚という一見矛盾する表現ののち、なかぐろと繰り返しによって不自然に引き延ばされた精神世界の渚。艾の熱が、無限にも思える匍匐の行程から自分を正気へと引き戻す。

掲句のように成功している用例は稀である。僕としても引き続きなかぐろの可能性を探っていきたいところであるが、そのためには良質ななかぐろにたくさん触れる必要があるのは言うまでもない。

ということで。よいなかぐろを見つけたら、僕に教えてください。審査の上、グッド・ナカグロ賞として生・ビールを一杯贈呈いたします。

細村星一郎


【執筆者プロフィール】
細村星一郎(ほそむら・せいいちろう)
2000年生。第16回鬼貫青春俳句大賞。Webサイト「巨大」管理人。


【細村星一郎のバックナンバー】
>>〔5〕かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり
>>〔4〕古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
>>〔3〕銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
>>〔2〕象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
>>〔1〕三角形の 黒の物体オブジェの 裏側の雨 富沢赤黄男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】
  2. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】
  3. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
  4. 横顔は子規に若くなしラフランス 広渡敬雄【季語=ラフランス(秋)…
  5. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】
  6. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  7. 台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦【季語=台風(秋)】
  8. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】

おすすめ記事

  1. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】
  2. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  3. 【秋の季語】コスモス
  4. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年11月分】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第95回】若井新一
  7. 【春の季語】雛飾(雛飾り)
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第21回】玄界灘と伊藤通明
  9. 【夏の季語】蝸牛
  10. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ  なかはられいこ

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】
  2. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  3. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】
  4. 【夏の季語】泉
  5. デパートの旗ひらひらと火事の雲 横山白虹【季語=火事(冬)】
  6. 去年今年詩累々とありにけり 竹下陶子【季語=去年今年(冬)】
  7. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】
  8. 晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ 篠田悌二郎【季語=躑躅(春)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第48回】松尾清隆
  10. GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ 関悦史
PAGE TOP