ハイクノミカタ

郭公や何処までゆかば人に逢はむ 臼田亜浪【季語=郭公(夏)】


郭公や何処までゆかば人に逢はむ

臼田亜浪


当地ではそろそろ郭公の初鳴きが聞かれるころ。畑では種まきや植え付けが本格化している。郭公は古来「閑古鳥」と呼ばれたように寂しさが本意とされているが、私はあの声には大いなる明るさを感じる。遠い林から、作業に勤しむ農民を鼓舞するように、美声をあたり一面に響かせるのだから。

おそらく本州では郭公は人里離れたようなところにしかいないので、鳴き声が虚ろに響いているように感じられるのだろう。そのあたりが、平地でも鳴く北海道との感覚の違いとなっているのだと思われる。

  郭公や何処までゆかば人に逢はむ

掲句は、亜浪が病後の療養のために渋温泉に滞在していたときの体験をのちに回想して作った句で、「ひとり志賀高原を歩みつつ」という前書がある。志賀高原は現在はリゾート地として有名だが、当時(1914年)は散策中に人に会うこともなかなか無かったのだろう。「何処までゆかば人に遭はむ」というのだからいかにも寂しげな句ではあるが、私にはどこか作者の前向きな表情が感じられる。それは先に書いたような郭公の声の印象からもたらされる感覚なのだろう。

「人に逢はむ」というときの「人」は決して逢えない人ではなく、いつか逢う運命にある人とも言える。そう思えば、高原をひとりゆく作者は未だ見ぬ人との邂逅に向けて、郭公の声に後押しされながら歩いているという希望の滲む景となる。亜浪は翌1915年に大須賀乙字とともに「石楠」を創刊するのだから、この読みもまったく的外れという訳ではないかもしれない。 「亜浪句鈔」(1927年)所収。

鈴木牛後


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)


【鈴木牛後のバックナンバー】
>>〔33〕日が照つて厩出し前の草のいろ   鷲谷七菜子
>>〔32〕空のいろ水のいろ蝦夷延胡索     斎藤信義
>>〔31〕一臓器とも耕人の皺の首       谷口智行
>>〔30〕帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず   細谷源二
>>〔29〕他人とは自分のひとり残る雪     杉浦圭祐
>>〔28〕木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ  陽美保子
>>〔27〕彫り了へし墓抱き起す猫柳     久保田哲子
>>〔26〕雪解川暮らしの裏を流れけり     太田土男
>>〔25〕鉄橋を決意としたる雪解川      松山足羽
>>〔24〕つちふるや自動音声あかるくて  神楽坂リンダ
>>〔23〕取り除く土の山なす朧かな     駒木根淳子
>>〔22〕引越の最後に子猫仕舞ひけり      未来羽
>>〔21〕昼酒に喉焼く天皇誕生日       石川桂郎
>>〔20〕昨日より今日明るしと雪を掻く    木村敏男
>>〔19〕流氷は嘶きをもて迎ふべし      青山茂根
>>〔18〕節分の鬼に金棒てふ菓子も     後藤比奈夫
>>〔17〕ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く    かくた
>>〔16〕しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫
>>〔15〕極寒の寝るほかなくて寝鎮まる    西東三鬼
>>〔14〕牛日や駅弁を買いディスク買い   木村美智子
>>〔13〕牛乳の膜すくふ節季の金返らず   小野田兼子
>>〔12〕懐手蹼ありといつてみよ       石原吉郎
>>〔11〕白息の駿馬かくれもなき曠野     飯田龍太
>>〔10〕ストーブに貌が崩れていくやうな  岩淵喜代子
>>〔9〕印刷工枯野に風を増刷す        能城檀 
>>〔8〕馬孕む冬からまつの息赤く      粥川青猿
>>〔7〕馬小屋に馬の表札神無月       宮本郁江
>>〔6〕人の世に雪降る音の加はりし     伊藤玉枝
>>〔5〕真っ黒な鳥が物言う文化の日     出口善子
>>〔4〕啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々   水原秋桜子
>>〔3〕胸元に来し雪虫に胸与ふ      坂本タカ女
>>〔2〕糸電話古人の秋につながりぬ     攝津幸彦
>>〔1〕立ち枯れてあれはひまはりの魂魄   照屋眞理子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: kifu-1024x512.png
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】…
  2. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  3. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】
  4. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】
  5. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】…
  6. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】
  7. 白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉【季語=白魚(春)】
  8. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】

おすすめ記事

  1. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  2. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  3. 本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ
  5. 【冬の季語】豆撒く
  6. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
  7. 秋の餅しろたへの肌ならべけり 室生犀星【季語=秋の餅(秋)】
  8. 【秋の季語】椎茸
  9. 狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子【季語=狐火(冬)】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】

Pickup記事

  1. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】
  2. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
  3. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(冬)】
  4. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】
  5. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
  6. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉
  8. 【夏の季語】たかんな
  9. 【春の季語】春時雨
  10. 晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ 篠田悌二郎【季語=躑躅(春)】
PAGE TOP