ハイクノミカタ

牛日や駅弁を買いディスク買い 木村美智子【季語=牛日(新年)】


牛日や駅弁を買いディスク買い

木村美智子


あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

1月1日は鶏日、2日は狗日…とあって本日5日が牛日。昔の中国の習慣に由来する呼び方らしいが、7日の人日以外はほぼ絶滅季語だ。そのなかで、唯一「牛日」という季語で見つかったのが掲句。当欄としては「五日」の句でもよかったのだが、今年が丑年ということで牛日の句にした。

牛日や駅弁を買いディスク買い

掲句は仕事始めの翌日、本格的な業務開始の景か。新年早々の出張。列車に乗る前に、駅弁とディスクを買ったというのであろう。駅弁は牛飯だったのかもしれない。

ディスクはおそらくフロッピーだろう。フロッピーディスクは、今からみれば古くさい道具だし、語感もなんだかフラッパーみたいでふわふわしているが、ご承知のとおり登場したころは時代の最先端の象徴だった。初めて手にしたフロッピーディスクは、会社に導入されたワープロ専用機に使う8インチのものだったと記憶している。かな漢字変換のたびに辞書の入っているフロッピーディスクを読みにいき、ドコドコという音がしてやっと漢字に変わるという代物だったのだが、その機械音さえも新しい時代の息吹のように感じられたものだ。

掲句の良さは、「牛日」という古めかしい季語と「駅弁」という昔も今も変わらないもの、そして「ディスク」という最新のものという取り合わせにある。そしてそれをリズムよく並べたことで、新しい年を迎えた躍動感と期待感が醸し出されている。

角川俳句大歳時記」所収。

鈴木牛後


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】
  2. ガンダムの並ぶ夜業の机かな 矢野玲奈【季語=夜業(秋)】
  3. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  4. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】
  5. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
  6. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  7. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)…
  8. 最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら【季語=鯨(冬)】

おすすめ記事

  1. 追ふ蝶と追はれる蝶の入れ替はる 岡田由季【季語=蝶(春)】
  2. 【春の季語】春塵
  3. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】
  4. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  5. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】
  6. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  7. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  8. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
  9. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第2回】
  10. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」

Pickup記事

  1. 秋鰺の青流すほど水をかけ 長谷川秋子【季語=秋鰺 (秋)】
  2. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年7月分】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年1月分】
  5. 命より一日大事冬日和 正木ゆう子【季語=冬日和(冬)】
  6. 【冬の季語】一月
  7. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  8. 嚙み合はぬ鞄のチャック鳥曇 山田牧【季語=鳥曇(春)】
  9. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
  10. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
PAGE TOP