ハイクノミカタ

雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子【季語=雛祭(春)】


雛まつり杉の迅さのくらやみ川)

飯島晴子

「杉の迅さ」をどうとるか。まずは林をなす数多の杉を過ぎてゆく迅さ。川の上をゆくもの(それは例えば流し雛でも良い)を想定し、その視点から、次々に杉が現れては去ってゆく映像が思われる。迅いのは川の方なのであるが、あたかも杉が迅さのもととなるエネルギーを持ち、それが川や川の上をゆくものに吹き込まれているようだ。そして、無数の杉が雛人形のようにも見えてくる。それらはしんと立っていて厳かな雰囲気を持ち、雛まつりというものの祝祭性が強調される。雛をイメージするあたりで、今度は杉のもつ垂直方向のエネルギーに関心が移る。杉を下から上まで眺める時のその視線の移動の迅さ、これもまた「杉の迅さ」ではないだろうか。杉の肌の流れは、やがて川の面にも重なりはじめる。

「くらやみ川」という呼び方からは、川がこの地域の住民のうちではそう呼ばれているという感じがする。より一層、土着の雛まつりの風習を思わせるのである。

掲句所収の『蕨手』は、とにかく谷や死という言葉が頻出し、山奥の薄闇を懸命に進んでゆく感じのする句集であり、掲句はその世界のど真ん中にある。晴子本人も「私は頂上よりも谷あい、高原より平地、落葉松や白樺やよりも松や杉の側にいる」と書いているが、晴子の句業の中ではこの句集が最も山奥に位置していると思う。次の句集『朱田』は題名の通りに少し視界が開けてくるが、その中に出てくる〈雛の日の川波のたつ仔細かな〉などはどう考えても山の奥とは思われない。

さらに『春の蔵』『八頭』と進むにつれて、山奥の句もいくらかとどめつつも、平地の割合がどんどん増えてゆく。舞台の範囲が拡大してゆくのである。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔48〕鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子
>>〔47〕紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子
>>〔46〕辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子
>>〔45〕白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子
>>〔44〕雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子
>>〔43〕髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子
>>〔42〕ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子
>>〔41〕人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子
>>〔40〕年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子
>>〔39〕白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子
>>〔38〕新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子
>>〔37〕狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子
>>〔36〕気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子
>>〔35〕蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子
>>〔34〕みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子
>>〔33〕冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子
>>〔32〕小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子
>>〔31〕鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子
>>〔30〕鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
>>〔29〕秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
>>〔28〕ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】
  2. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)…
  3. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  4. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  5. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  6. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
  7. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】
  8. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】

おすすめ記事

  1. 数と俳句(三)/小滝肇
  2. さくら仰ぎて雨男雨女 山上樹実雄【季語=桜(春)】
  3. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  4. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】
  5. 瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏 堀本裕樹【季語=瑠璃蜥蜴(夏)】
  6. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  7. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第9回】俳句LOVEと写真と俳句
  8. 東京の白き夜空や夏の果 清水右子【季語=夏の果(夏)】
  9. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  10. 【書評】『シリーズ自句自解Ⅱベスト100 大牧広』(ふらんす堂、2017年)

Pickup記事

  1. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  2. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】
  3. 時雨るるや新幹線の長きかほ 津川絵理子【季語=時雨(冬)】
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第7回】2018年 天皇賞(春)・レインボーライン
  5. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  6. 引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽【季語=子猫(春)】
  7. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】
  8. 鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦【季語=鳥帰る(春)】
  9. 【冬の季語】冬木立
  10. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#03】Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
PAGE TOP