ハイクノミカタ

鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鉄瓶の音こそ佳けれ雪催)

潮田幸司


銀化誌のリモート編集はかなりの労力を伴うものだった。新型コロナウイルス感染防止の観点から、東京の事務所に集まっての編集作業は好ましくないとの編集長判断である。その期間は2020年3月から2021年10月までの約1年半に及んだ。リモート編集の概要は以下の通りである。

①印刷所から、編集長は紙で、編集部員はデータで原稿と投句はがきを受け取る。

②各自パソコン画面又は印刷原稿で校正を行い、校正結果を編集長にメールする。

③編集長は校正結果を紙の原稿に朱で書き入れ、印刷所に送る。

④上記作業は初校と再校の2回行う。

⑤主宰と編集長は印刷所において最終校正を行う。

筆者の主たる担当は主宰の句の旧字体の校正である。旧字辞典を引きながら、豊→豐、亀→龜のように一字一字校正していく。確認作業が終わったら、印刷原稿をスキャンしてPDF化し、メールに添付して編集長に送る。これで大体4~5時間の作業となる。

一番大変だったのは編集長。上記③の作業である。通常は編集部員が個々に行う作業を一人で担わなければならない。相当な労力だ。ときに他の結社誌の主宰や編集部の方々もさぞかし苦労されていることと思う。新型コロナウイルスが俳句界全体に及ぼす影響は計り知れない。

掲句の作者潮田は銀化誌の編集長である。潮田の句柄にはドラマ性が感じられる。臨場感と言ってもよい。鉄瓶の蓋を持ち上げ、一寸ずらした時の音、やわらかく立ち昇る湯気、炭の爆ぜる音や匂い。あるいは鉄瓶を囲炉裏端に置いた時の音かも知れない。外に目を遣ると、今にも雪が降り出しそうな曇り空。音を詠みつつ限り無く静かな景を描いている。古き良きというよりは、脈々と受け継がれるにっぽんの原風景を感じる。まさに温故知新と言う言葉が相応しい。こそ~けれの係り結びも効いているし、佳けれの“佳”の字にも作者の心配りが感じられ、それこそとても心地佳い句に仕上がっている。

オミクロン株の感染急拡大に伴い、今月から再びリモート編集に戻ることになった。つい先週末に急遽決まったばかりである。たった2ヶ月のリアル編集ではあったが、久しぶりに面と向かって行う編集作業はとても楽しかった。全員参加という訳にはいかなかったが、忘年会も開催することが出来た。一日も早い完全なる終息を願いつつ、リモート編集に参加できない編集部員も含め、編集部は心を一つにして銀化誌を作っていく。みんなでわいわい言いながら、またリアル編集が出来るその日まで。

掲句は『創刊二十周年記念 銀化季語別作品集』より抽いた。

菅 敦


【執筆者プロフィール】
菅 敦(かん・あつし)
昭和四十六年 千葉県生れ
平成二十年「銀化」入会 中原道夫に師事
平成二十四年 第十三回「銀化」新人賞受賞・同年「銀化」同人
平成二十九年「銀化」副編集長
令和二年 俳人協会第四回新鋭俳句賞準賞 受賞
令和二年 第一句集『仮寓』上梓 俳人協会会員



【2022年1月の火曜日☆菅敦のバックナンバー】

>>〔1〕賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎
>>〔2〕血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は   中原道夫

【2022年1月の水曜日☆吉田林檎のバックナンバー】

>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人

【2021年12月の火曜日☆小滝肇のバックナンバー】

>>〔1〕柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺    正岡子規
>>〔2〕内装がしばらく見えて昼の火事   岡野泰輔
>>〔3〕なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ
>>〔4〕共にゐてさみしき獣初しぐれ   中町とおと

【2021年12月の水曜日☆川原風人のバックナンバー】

>>〔1〕綿入が似合う淋しいけど似合う    大庭紫逢
>>〔2〕枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」   林翔
>>〔3〕鏡台や猟銃音の湖心より      藺草慶子
>>〔4〕みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何
>>〔5〕ともかくもくはへし煙草懐手    木下夕爾

【2021年11月の火曜日☆望月清彦のバックナンバー】

>>〔1〕海くれて鴨のこゑほのかに白し      芭蕉
>>〔2〕木枯やたけにかくれてしづまりぬ    芭蕉
>>〔3〕葱白く洗ひたてたるさむさ哉      芭蕉
>>〔4〕埋火もきゆやなみだの烹る音      芭蕉
>>〔5-1〕蝶落ちて大音響の結氷期  富沢赤黄男【前編】
>>〔5-2〕蝶落ちて大音響の結氷期  富沢赤黄男【後編】

【2021年11月の水曜日☆町田無鹿のバックナンバー】

>>〔1〕秋灯机の上の幾山河        吉屋信子
>>〔2〕息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子
>>〔3〕後輩の女おでんに泣きじゃくる  加藤又三郎
>>〔4〕未婚一生洗ひし足袋の合掌す    寺田京子

【2021年10月の火曜日☆千々和恵美子のバックナンバー】

>>〔1〕橡の実のつぶて颪や豊前坊     杉田久女
>>〔2〕鶴の来るために大空あけて待つ  後藤比奈夫
>>〔3〕どつさりと菊着せられて切腹す   仙田洋子
>>〔4〕藁の栓してみちのくの濁酒     山口青邨

2021年10月の水曜日☆小田島渚のバックナンバー】

>>〔1〕秋の川真白な石を拾ひけり   夏目漱石
>>〔2〕稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男
>>〔3〕嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
>>〔4〕野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな   永田耕衣


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 米国のへそのあたりの去年今年 内村恭子【季語=去年今年(冬)】
  2. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
  3. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】…
  4. 小満の風や格言カレンダー 菅原雅人【季語=小満(夏)】
  5. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】
  6. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】
  7. クローバーや後髪割る風となり 不破 博【季語=クローバー(春…
  8. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP