ハイクノミカタ

賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎【季語=賀客(新年)】


賀の客の若きあぐらはよかりけり)

能村登四郎


賀客を迎える立場としては、客人が寛いでくれるのが何よりの喜びである、と思う。最初は正座していた若き客人に対し、主人が声を掛ける。

「堅苦しい格好はやめて、そろそろ膝を崩したらどうかね」

「そうですか、それではお言葉に甘えてあぐらを搔かせていただきます」

「そうそう、そうでなくては。ささ、一杯飲りたまえ」

「ありがとうございます。お酒は余り強い方ではないのですが」

「猪口はどれにするかね、たくさんあるから好きなのを選びなさい」

「ではこちらの白い御猪口を」

「いやいや、そんな小さいのじゃなくて、これにしなさい」と言って主人は大振りの備前の猪口を差し出した……。こんなやり取りは古き良き昭和の正月そのものである。

二十年ほど前、筆者が結婚した翌年の正月に妻の実家を訪れた際の一幕。妻とは高校以来十年交際した末の結婚で、当然筆者と義父の付き合いも長かった。義父の真向いにどっかと座り込み、いきなりあぐらを搔けるような自由で打ち解けた関係だった。義父は昭和十六年群馬県生れ。かかあ天下と空っ風の群馬だ。竹を割ったような性格で、好きなものは好き、嫌いなものは嫌い、人生哲学がはっきりしており、シンプルで分かりやすい人だった。

新年の酒を酌み交わしながら義父が、

「あっちゃん(筆者)は、これからどうしたいの?」

「どうしたい?どうしたいってどういうことですか?」

「これからの人生、どうしたいかということだよ」

「……」

当時の筆者は「どうすべきか?」という視点でしか考えたことが無く、急にどうしたいのと聞かれて面食らってしまった。

当時は長引く平成不況の中、どうしたいも糞もない、とにかくやるしかないという体育会系のノリに違和感を覚えながら、それに対する反論も持ち合わせておらず、毎日悶々とした日々が続いていた。

「お義父さんはどうなんですか?」

「俺は今までやりたいようにやって来た。これからも自分のやりたいようにやって、65歳まで生きて死ぬ」

「恰好いいですね」

「いや別に恰好よくなんかないよ。それしか出来ないだけだよ」

そんな義父は67歳で亡くなった。人生の終末を二年延長しただけの潔い一生だった。有言実行。さぞかし楽しい人生だったに違いない。そして義父の最期を看取れたのは筆者の誇りだ。肉親の誰でもなく、他人の筆者の前で逝ったのは、きっと義父がそれを選んだからに違いないからだ。今なら当時の義父の質問にもはっきりと答えられる。

「俳句は僕のライフワークです。どう?なかなか格好いいでしょう、お義父さん。」

掲句は能村登四郎の第八句集『天上華』より抽いた。

菅 敦


【執筆者プロフィール】
菅 敦(かん・あつし)
昭和四十六年 千葉県生れ
平成二十年「銀化」入会 中原道夫に師事
平成二十四年 第十三回「銀化」新人賞受賞・同年「銀化」同人
平成二十九年「銀化」副編集長
令和二年 俳人協会第四回新鋭俳句賞準賞 受賞
令和二年 第一句集『仮寓』上梓 俳人協会会員



【2021年12月の火曜日☆小滝肇のバックナンバー】

>>〔1〕柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺    正岡子規
>>〔2〕内装がしばらく見えて昼の火事   岡野泰輔
>>〔3〕なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ
>>〔4〕共にゐてさみしき獣初しぐれ   中町とおと

【2021年12月の水曜日☆川原風人のバックナンバー】

>>〔1〕綿入が似合う淋しいけど似合う    大庭紫逢
>>〔2〕枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」   林翔
>>〔3〕鏡台や猟銃音の湖心より      藺草慶子
>>〔4〕みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何
>>〔5〕ともかくもくはへし煙草懐手    木下夕爾

【2021年11月の火曜日☆望月清彦のバックナンバー】

>>〔1〕海くれて鴨のこゑほのかに白し      芭蕉
>>〔2〕木枯やたけにかくれてしづまりぬ    芭蕉
>>〔3〕葱白く洗ひたてたるさむさ哉      芭蕉
>>〔4〕埋火もきゆやなみだの烹る音      芭蕉
>>〔5-1〕蝶落ちて大音響の結氷期  富沢赤黄男【前編】
>>〔5-2〕蝶落ちて大音響の結氷期  富沢赤黄男【後編】

【2021年11月の水曜日☆町田無鹿のバックナンバー】

>>〔1〕秋灯机の上の幾山河        吉屋信子
>>〔2〕息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子
>>〔3〕後輩の女おでんに泣きじゃくる  加藤又三郎
>>〔4〕未婚一生洗ひし足袋の合掌す    寺田京子

【2021年10月の火曜日☆千々和恵美子のバックナンバー】

>>〔1〕橡の実のつぶて颪や豊前坊     杉田久女
>>〔2〕鶴の来るために大空あけて待つ  後藤比奈夫
>>〔3〕どつさりと菊着せられて切腹す   仙田洋子
>>〔4〕藁の栓してみちのくの濁酒     山口青邨

2021年10月の水曜日☆小田島渚のバックナンバー】

>>〔1〕秋の川真白な石を拾ひけり   夏目漱石
>>〔2〕稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男
>>〔3〕嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
>>〔4〕野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな   永田耕衣


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
  2. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】
  3. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 
  4. t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉
  5. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  6. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  7. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  8. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第25回】山崎祐子
  2. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  3. 【春の季語】恋猫
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第2回】大磯鴫立庵と草間時彦
  6. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年2月分】
  8. 【秋の季語】新蕎麦
  9. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】
  10. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】薔薇
  2. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  3. 先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二【季語=虚子忌(春)】
  4. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第18回】塩竈と佐藤鬼房
  6. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  8. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  9. 【冬の季語】冬の蝶
  10. 軋みつつ花束となるチューリップ 津川絵理子【季語=チューリップ(春)】
PAGE TOP