ハイクノミカタ

秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】


秋の川真白な石を拾ひけり)

夏目漱石


「秋の川で真っ白な石を拾った」というただそれだけのことだが、手中に白い石のひんやりとした硬さがきて、それは何か強靭な想いのかたまりに感じた。

「漱石」という雅号にも石が入っていて、瀬は川をあらわす。もっとも、雅号については、中国の故事に由来する「漱石枕流」から、自身を変わり者と自負していた漱石が自らつけたと言われている。

白い石と言えば、伊勢神宮の式年遷宮の「お白石持行事」が思い浮かぶ。近年では2013年に行われた。宮川より拾い集めた「お白石」を新しい内宮に納める行事で、無形民俗文化財産に指定されている。神宮まで、お白石の入った桶が数個積み上げられた奉曳車や木そりを民衆が大勢で曳いていくが、道をいく陸曳きだけでなく川を曳いていくコースもある。人力で集められかつ運ばれる白い石一つ一つには、奉献する一人一人の想いが宿るように思う。

白い石では、トーマス・トランストロンメルの詩の一節も思い浮かべる。

この色盲の夜に
わたしは 斜面を上に向けて滑走し
白い石たちは その間
月に合図を送っていた。 
   「夜の記憶から」

色を失った闇夜の月に合図を送る白い石たちの懸命さと一途さが印象に深い。詩の終わりには、別の岸にいる〈顔の代りに将来を持つ人びと〉が書かれている。トランストロンメルの詩と漱石の句は何ら関係がないが、将来を持つように石を拾う、と頭のなかでつながった。江戸時代という旧体制と明治という新しい社会の軋轢と葛藤の中で、白刃を自身に突きつけるように悩み抜いた漱石の石を拾う行為とは、風流人の姿ではなく、国と個人の将来をどう持てるのかの思索の姿に思われてくる。そして、漱石没後100年を経た今も、それはいまだ見えざるままである。

小田島渚


【執筆者プロフィール】
小田島渚(おだしま・なぎさ)
銀漢」同人・「小熊座」同人。第44回宮城県俳句賞、第39回兜太現代俳句新人賞。現代俳句協会会員、宮城県俳句協会常任幹事。仙臺俳句会(超結社句会)運営。




【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】
  2. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  3. 飯蛸に昼の花火がぽんぽんと 大野朱香【季語=飯蛸(春)】
  4. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  5. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】
  6. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)…
  7. 秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子【季語=秋山(秋)】
  8. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】

おすすめ記事

  1. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】
  2. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】
  3. 【冬の季語】十二月
  4. 気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  6. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
  7. 【秋の季語】秋風
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第1回】吉野と大峯あきら
  9. 【冬の季語】雪降る
  10. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯

Pickup記事

  1. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
  3. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】
  4. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】
  6. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  7. かき冰青白赤や混ぜれば黎 堀田季何【季語=かき氷(夏)】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年8月分】
  9. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
PAGE TOP