紀元前二〇二年の虞美人草 水津達大【季語=虞美人草(春)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

紀元前二〇二年の虞美人草

水津達大


最近ぐんぐん暖かくなって、近所の雑草がいい感じに繁っている。街路樹の根元とか、中央分離帯とか、草の生えているところはどこも賑やかだ。

フランスを代表する花は青い矢車菊、白いマーガレット、そして赤いひなげしで、いずれも野の花。これが国旗のトリコロールに対応している。開花時期はそれぞれちがうけれど、ちょうどいまの季節、この三つが重なって咲く。

  紀元前二〇二年の虞美人草  水津達大

紀元前2世紀ごろの咳もする/木村半文銭〉に似ていることから、思わず立ち止まってしまった句。二〇二年ってなんの年だっけと調べてみると、垓下の戦いだった。四面楚歌の状況下、項羽が愛人虞姫の行く末を案じ「虞や虞や汝をいかんせん」と詠ったあの戦いだ。ひなげしを中国で虞美人草というのは、花の色を虞姫の血の色になぞらえてのことらしい。

虞美人草を見つめつつ、そこに遥かなる惨劇を重ねた掲句は変な力を加えずして「紀元前二〇二年の」が定型にすっぽり嵌っているところがいい。多くを語らずして、人をはっとさせる効果がある。このほかにも水津氏には〈葉桜に記憶の花をあてはめる〉〈牡丹二輪未完や華岳絶命す〉といった、過去と現在という2点間の冥合を以って妙の域へたどりつこうとしているらしい句があって、ああ、過去と現在という2点間の冥合を以って妙の域へたどりつくといえば、与謝野晶子が夫・鉄幹の後を追いかけて行ったフランスで、汽車の窓から見た景色だという、

  ああ皐月仏蘭西の野は火の色す君も雛罌粟(こくりこ)われも雛罌粟    与謝野晶子

というものすごく音楽性の高い歌があったなあとも思う。これは愛と情熱を賛美的に描くのみならず、項羽と虞姫に自分たちを重ねていたのではないかとわたしは想像するのだけれど、どうなんでしょう、これって普通に言われていることなのかしら? 言われてたらすみません(って別に謝ることでもないですね)。

ひなげしを死者の記憶と紐づけるのには、戦没者を悼むメンバランス・ポピーをはじめ、他にも多くの例がありそうだ。わたしが好きなのは第一次世界大戦のフランドルをうたったカナダの詩人John McCrae のIn Flanders Fields。大西巨人『神聖喜劇』を読んでいて知った。こんな詩です。

フランダースの野に
           ジョン・マクレー(小沼通二訳)

フランダースの野にポピーが揺らぐ
十字架の間に、何列も何列も、
ここがぼくたちの場所 空には
今でも元気な声で飛ぶひばり
かすかに聞こえる地上の砲声の中で 

ぼくたちは死んだ 数日前には
生きていて、夜明けを感じ、輝く夕焼けを見た
愛して、愛された、それなのに今では  
フランダースの野に横たわる 

敵との争いを終わりにしよう:
弱ってきた手でぼくたちはトーチを投げる
受け止めて高くかかげてくれないか
死んだぼくたちとの約束を守れないなら
ぼくたちは眠れない、ポピーの花が  
フランダースの野に咲き誇っても

In Flanders Fields    John McCrae

In Flanders fields the poppies grow
Between the crosses row on row,
That mark our place; and in the sky
The larks, still bravely singing, fly
Scarce heard amid the guns below.

We are the Dead. Short days ago
We lived, felt dawn, saw sunset glow,
Loved and were loved and now we lie
In Flanders fields.

Take up our quarrel with the foe:
To you from failing hands we throw
The torch; be yours to hold it high.
If ye break faith with us who die
We shall not sleep, though poppies grow
In Flanders fields.

小津夜景


【小津夜景のバックナンバー】
>>〔28〕その朝も虹とハモンド・オルガンで   正岡豊
>>〔27〕退帆のディンギー跳ねぬ春の虹    根岸哲也
>>〔26〕タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子
>>〔25〕蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に     林雅樹
>>〔24〕止まり木に鳥の一日ヒヤシンス   津川絵理子
>>〔23〕行く春や鳥啼き魚の目は泪        芭蕉
>>〔22〕春雷や刻来り去り遠ざかり      星野立子
>>〔21〕絵葉書の消印は流氷の町       大串 章
>>〔20〕菜の花や月は東に日は西に      与謝蕪村
>>〔19〕あかさたなはまやらわをん梅ひらく  西原天気
>>〔18〕さざなみのかがやけるとき鳥の恋   北川美美
>>〔17〕おやすみ
>>〔16〕開墾のはじめは豚とひとつ鍋     依田勉三
>>〔15〕コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
>>〔14〕おやすみ
>>〔13〕幾千代も散るは美し明日は三越    攝津幸彦
>>〔12〕t t t ふいにさざめく子らや秋     鴇田智哉
>>〔11〕またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
>>〔10〕しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
>>〔9〕凩の会場へ行く燕尾服        中田美子
>>〔8〕アカコアオコクロコ共通海鼠語圏   佐山哲郎
>>〔7〕後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ     佐藤りえ
>>〔6〕COVID-19十一月の黒いくれよん   瀬戸正洋
>>〔5〕風へおんがくがことばがそして葬    夏木久
>>〔4〕たが魂ぞほたるともならで秋の風   横井也有
>>〔3〕渚にて金澤のこと菊のこと      田中裕明
>>〔2〕ポメラニアンすごい不倫の話きく   長嶋 有
>>〔1〕迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー   中嶋憲武


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る