ハイクノミカタ

開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三


開墾のはじめは豚とひとつ鍋

依田勉三


6歳か7歳だったある冬の日、小学校から帰るとテーブルの上におやつがあった。

近づくと六花亭のもなか「ひとつ鍋」である。おままごと道具のような、鍋型のしっかりした皮の中に、あんこと小さい求肥がふたつ入っている。もなかに求肥を入れるのは、北海道ではいたってふつうのことだ。

わたしはなにも考えず、いつもどおり食べはじめようとした。すると近くにいた母が「ちょっと待って」とわたしを制し、

「このかたち、お鍋と木蓋なのよ。変わってるでしょう?」

と、よくよく観察するよう促したあと、

           開墾のはじめは豚とひとつ鍋   依田勉三

と、目の前のもなかの由来となった一句およびその句意、すなわち北海道を開墾した人々の苦労とそのたくましい精神を語った。

「つまりね、そういった、むかしの人たちのすがたを語り継ぐお菓子だということ。わかった?」と母。
「うんわかった」とわたし。

で、なにも考えず食べた。むしゃむしゃと。

依田勉三は1853(嘉永6)年伊豆国生まれ。長老派の英学塾で学んだのち慶應義塾に進み、北海道開拓「晩成社」を結成、単身北海道に渡る。十勝開拓の父と呼ばれ、北海道で初めて商品化されたバター「マルセイバタ」をつくったことでも知られる。ちなみに「マルセイ」とは晩成社の「成」字をマルで囲んだ商標で、六花亭「マルセイバターサンド」の包装紙は「マルセイバタ」のラベルの転用だ。

小津夜景


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
  2. 行秋や音たてて雨見えて雨 成瀬正俊【季語=行秋(秋)】
  3. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  4. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
  5. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】
  6. 世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし【季語=朝寝(春)】…
  7. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】
  8. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】残暑
  2. 【冬の季語】小春
  3. 【春の季語】チューリップ
  4. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
  5. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】
  6. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  7. 雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子【季語=雛飾る(春)】
  8. 縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月【季語=縄跳(冬)】
  9. 【秋の季語】運動会
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し

Pickup記事

  1. 天高し深海の底は永久に闇 中野三允【季語=天高し(秋)】
  2. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年5 月分】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年3月分】
  5. 【夏の季語】たかんな
  6. 【冬の季語】納豆
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第26回】小豆島と尾崎放哉
  8. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】
  9. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】
  10. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
PAGE TOP