ハイクノミカタ

t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉


t t t ふいにさざめく子らや秋

鴇田智哉


風景とはなにか。それは風のすがたである。風はさまざまにその響きを変えることでわたしたちの感覚に傷をのこし、ぼんやりとした世界の影を授ける。そしてわたしたちは、その世界の影を実体だと思い込み、あらゆる意味のうらがわに風の栖(すみか)がひろがっていたことをいつしか忘れてしまう。

t t t ふいにさざめく子らや秋  鴇田智哉

最新句集『エレメンツ』より。ここに描かれているのは、なにもないところからなにかが生まれる一瞬だ。構成はきわめてシンプルで、音の気配〈 t t t 〉と、この世への恋しさが伏在する〈子らや秋〉とを、〈ふいにさざめく〉といったサウンドスケープでつないだだけ。しかしながら柔らかな抽象を感じさせる雰囲気や、子らに流れる簡素な時間がしみじみと美しい。切れ字〈や〉も控えめでありつつ印象深く、秋野の鼓のようにわたしの胸に響いた。さらに掲句は、この世のさざめきのうらがわに空無、すなわち風の栖(すみか)がひろがっていることをけっして忘却しない。ちなみに初見の折は、

ここはアヴィニョンの橋にあらねど♩♩♩曇り日のした百合もて通る  永井陽子

を秒速で思い出した。音楽を自分の流儀でたのしんでいるところや、うっすらとした新古今の香りが互いに似通っているせいだろう。

小津夜景


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(…
  2. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】
  3. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】
  4. 湖をこつんとのこし山眠る 松王かをり【季語=山眠る(冬)】 
  5. 黄金週間屋上に鳥居ひとつ 松本てふこ【季語=黄金週間(夏)】
  6. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)…
  7. 波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂【季語=冴ゆ(冬)】
  8. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】

おすすめ記事

  1. 胎動に覚め金色の冬林檎 神野紗希【季語=冬林檎(冬)】
  2. 【夏の季語】夜の秋
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年8月分】
  4. みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子【季語=冬瀧(冬)】
  5. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  6. 五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】
  7. 【冬の季語】綿虫
  8. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  9. 【#29】スマッシング・パンプキンズと1990年代
  10. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第75回】近江文代
  2. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】
  3. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  5. きちかうの開きて青き翅脈かな 遠藤由樹子【季語=きちかう(秋)】
  6. 吸呑の中の新茶の色なりし 梅田津【季語=新茶(夏)】
  7. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  8. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第51回】 軽井沢と堀口星眠
  10. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】
PAGE TOP