ハイクノミカタ

うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】


うつくしき羽子板市や買はで過ぐ

高浜虚子


東京では17日より3日間、浅草観音の境内で羽子板市が立つ。そのずらりと並んだ絢爛豪華な光景はまさに

羽子板市三日の栄華つくしけり  水原秋桜子

といった風情だ。羽子板に描かれたとりどりの絵や装飾が実に美しく、見ているだけでもおのずから華やいだ気分になる。

今年はコロナ禍でどうなるのだろうと思っていたが、例年通り変わらず市が立ったようだ。残念ながら見に行くことは叶わなかったのだが。

もともとは正月の遊びとしてつく羽子板を売る市で、羽子板には「邪気を跳ね返る板」として女の子の成長を願う風習があるのだそうだ。今では正月に羽子板をつく風習は廃れてしまったが、年の瀬の最後に立つ市でもある羽子板市はたくさんの人で賑わっている。

毎年、その年の世相を反映した羽子板が飾られて話題になっているが、今年はどんな羽子板が飾られていたのだろう。

掲句は「買はで過ぐ」がいかにも羽子板市らしい。見ているだけで、なかなか買うところまではいかないのだ。

朝顔市、鬼灯市、熊手市、羽子板市、と市が立つたびに訪れてはいるが、羽子板市だけはいまだに買ったことがない。

日下野由季


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  2. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】
  3. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】
  4. 冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太【季語=冷房(夏)】
  5. 鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦【季語=鳥帰る(春)】
  6. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】…
  7. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】
  8. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】

おすすめ記事

  1. 秋櫻子の足あと【第2回】谷岡健彦
  2. おそろしき一直線の彼方かな 畠山弘
  3. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】
  4. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】
  5. 【夏の季語】日傘
  6. 泉に手浸し言葉の湧くを待つ 大串章【季語=泉(夏)】
  7. 【春の季語】雲雀
  8. 【新年の季語】雑煮
  9. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬)】
  10. 新婚のすべて未知数メロン切る 品川鈴子【季語=メロン(夏)】

Pickup記事

  1. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】
  2. 【夏の季語】サイダー
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【3】/武田花果(「銀漢」「春耕」同人)
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  5. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  6. 【新年の季語】餅花
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年4月分】
  8. 【春の季語】春の灯
  9. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】
  10. 世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし【季語=朝寝(春)】
PAGE TOP