指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

指は一粒回してはづす夜の葡萄

上田信治


少人数で泊りがけの吟行に出かけたことがあった。今よりももう少し秋が深まっていた頃だ。夕食が済み、いよいよ部屋に集まっての句会。テーブルにお酒やおつまみ、お菓子を広げたところで、仲間の一人が持参したシャインマスカットを持ち出した。見目麗しく美味なる葡萄の王様にわーお!と一同から歓喜の声が上がる。大きな房からいそいそと一粒二粒ほど頂き、隣の人へ回す。口中に満ちる幸せを感じながら句会は進みやがてお開きとなった。その夜更けのことだ。一風呂浴びて部屋に戻ると、同室の数名が小声ながら興奮した様子で喋っている。聞けば、句会中、某さんがシャインマスカットを自分の前に置いたままあらかた一人でムシャムシャ食べてしまったのだという。皆への遠慮や気遣いもないなんて一体全体どういう神経?という訳だ。たしかに私も最初に慎み深く頂いたきりだった。卒然と悔しさが湧き、燃え立つ会話に更に薪を投じたのだった。浅ましいというなかれ。イイ大人が分別をなくすほどに葡萄の王様は美味しくて高いという罪を背負っているのだ。

 指は一粒回してはづす夜の葡萄

シャインマスカットかどうかは分からないがこの葡萄もまた王族系。「回してはづす」のは太い軸に大粒の実がしっかりついているからだ。ハイクラスの葡萄の証です。私が食べなれている葡萄などは触れるそばからハラハラ実が落ちてしまう。

それはともかく、この句が特異な感じを与えるのは主語が指だからだ。確かに「回してはづす」という運動をするのは指に違いない。けれど、“葡萄の実を房から外す”といったらふつう考えられる主語は「私」でしょう。私の意志が指を動かすのだから。でも、この句の場合、自分から切り離されて指があり、その指のすることを他人ごととして眺めているようだ。指が一粒の実を選び、房の中に分け入り実を捩じり取る。一連の行為が慎重に具体的且つ客観的に描かれているのに、現実味がどこか希薄。それは「私」を消し去っているからなのだろうか。一粒ぶんの欠落を抱えた葡萄の房が傍らで夜のように輝いている。

尚、「回してはづす」を実証するため、身銭を切ってシャインマスカットを購入したことを付け加えておきます。ブチっと引くようにして取ることも出来ますが、掲句のように捩じりながらの方が静かにきれいに取れました。それと、実が大きいので数粒で満足満腹。あんな立派な房だったのを一人であらかた食べてしまった某さん、いくら何でも食べ過ぎ。

『リボン』 邑書林 2017年より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


【太田うさぎのバックナンバー】
>>〔48〕鶺鴒がとぶぱつと白ぱつと白     村上鞆彦
>>〔47〕あづきあらひやひとり酌む酒が好き  西野文代
>>〔46〕夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
>>〔45〕目薬に涼しく秋を知る日かな     内藤鳴雪
>>〔44〕金閣をにらむ裸の翁かな      大木あまり
>>〔43〕暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる    佐藤鬼房
>>〔42〕何故逃げる儂の箸より冷奴     豊田すずめ
>>〔41〕ひそひそと四万六千日の猫      菊田一平
>>〔40〕香水や時折キッとなる婦人      京極杞陽
>>〔39〕せんそうのもうもどれない蟬の穴   豊里友行
>>〔38〕父の日やある決意してタイ結ぶ    清水凡亭
>>〔37〕じゆてーむと呟いてゐる鯰かな    仙田洋子
>>〔36〕蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり    日原傳
>>〔35〕好きな樹の下を通ひて五月果つ    岡崎るり子
>>〔34〕多国籍香水六時六本木        佐川盟子
>>〔33〕吸呑の中の新茶の色なりし       梅田津
>>〔32〕黄金週間屋上に鳥居ひとつ     松本てふこ
>>〔31〕若葉してうるさいッ玄米パン屋さん  三橋鷹女
>>〔30〕江の島の賑やかな日の仔猫かな   遠藤由樹子
>>〔29〕竹秋や男と女畳拭く         飯島晴子
>>〔28〕鶯や製茶会社のホツチキス      渡邊白泉
>>〔27〕春林をわれ落涙のごとく出る     阿部青鞋
>>〔26〕春は曙そろそろ帰つてくれないか   櫂未知子
>>〔25〕漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に    関根誠子
>>〔24〕飯蛸に昼の花火がぽんぽんと     大野朱香
>>〔23〕復興の遅れの更地春疾風       菊田島椿
>>〔22〕花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ  星野麥丘人
>>〔21〕あしかびの沖に御堂の潤み立つ   しなだしん

>>〔20〕二ン月や鼻より口に音抜けて     桑原三郎
>>〔19〕パンクスに両親のゐる春炬燵    五十嵐筝曲
>>〔18〕温室の空がきれいに区切らるる    飯田 晴
>>〔17〕枯野から信長の弾くピアノかな    手嶋崖元
>>〔16〕宝くじ熊が二階に来る確率      岡野泰輔
>>〔15〕悲しみもありて松過ぎゆくままに   星野立子
>>〔14〕初春の船に届ける祝酒        中西夕紀
>>〔13〕霜柱ひとはぎくしやくしたるもの  山田真砂年
>>〔12〕着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる  吉田穂津
>>〔11〕蓮ほどの枯れぶりなくて男われ   能村登四郎
>>〔10〕略図よく書けて忘年会だより    能村登四郎
>>〔9〕暖房や絵本の熊は家に住み       川島葵 
>>〔8〕冬の鷺一歩の水輪つくりけり     好井由江
>>〔7〕どんぶりに顔を埋めて暮早し     飯田冬眞
>>〔6〕革靴の光の揃ふ今朝の冬      津川絵里子
>>〔5〕新蕎麦や狐狗狸さんを招きては    藤原月彦
>>〔4〕女房の化粧の音に秋澄めり      戸松九里
>>〔3〕ワイシャツに付けり蝗の分泌液    茨木和生
>>〔2〕秋蝶の転校生のやうに来し      大牧 広
>>〔1〕長き夜の四人が実にいい手つき    佐山哲郎


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る