ハイクノミカタ

せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】


せんそうのもうもどれない蟬の穴

豊里友行


窓を開けておくと当然ながら色々な音が入ってくる。車が走り過ぎたり、通学する児童だったり、烏が隣の家の屋根に降りたり。そんな物音のなかでつい先日、「ん?蝉?」という鳴声を聞き留めた。まさか。まだ六月だし、いつもの勘違いの空耳だろうと思ったのだけれど、散歩コースの公園を歩いていたら、蝉の穴としか見えぬものを幾つか見つけた。傍らの木を見上げても影も形もない。蝉たちも己の気の早さを知って鳴りを潜めているのだろうか。この公園は夏本番になればそこらじゅうにボコボコと穴が開き蝉の林になる。

蝉の穴はちょっと怖い。怖いのに、それとも怖いからなのか、ときどき膝をついて覗き込んでしまう。覗き込んだところで真っ暗なばかりで何も見えない。羽化の時期を迎えた蝉の子は本能に突き動かされてこんな暗闇を掘り進み、人が踏み固めた地面をこじ開けて出て来るのだなあ、と毎度毎度驚く。

掲句を読んだときに、私の覚える怖さの正体はもしかしたらこれだったのかもしれない、と思った。<もうもどれない>、そのこと。蟻の穴は住処だから何匹も出たり入ったりするけれど、蝉の穴は一たび出たらそれっきりなのだ。

穴から出た蝉の子には首尾よくいけば羽化し、あわよくば子孫を残して生を終えるという営みが待っている。しかし、戦争は違う。開戦の火蓋を切ってしまえば退路はない。<もどれない>はその恐ろしさに加えて特攻隊の出撃も連想させる。一方、地に開いた穴はひめゆりの塔に代表されるような防空壕の喩のようでもある。

これを書いている今日6月23日は沖縄慰霊の日。

作者の豊里友行は沖縄の写真家として、戦後76年経つ今も戦争の鉤爪の痕から血を流し続ける沖縄の現実を記録し続けていると聞く。

何やらいや~な足音が近づいているようでモヤモヤするこの頃、ハッと足を止めた俳句なのであった。

(『地球の音符』沖縄書房 2015年より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


【太田うさぎのバックナンバー】
>>〔38〕父の日やある決意してタイ結ぶ    清水凡亭
>>〔37〕じゆてーむと呟いてゐる鯰かな    仙田洋子
>>〔36〕蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり    日原傳
>>〔35〕好きな樹の下を通ひて五月果つ    岡崎るり子
>>〔34〕多国籍香水六時六本木        佐川盟子
>>〔33〕吸呑の中の新茶の色なりし       梅田津
>>〔32〕黄金週間屋上に鳥居ひとつ     松本てふこ
>>〔31〕若葉してうるさいッ玄米パン屋さん  三橋鷹女
>>〔30〕江の島の賑やかな日の仔猫かな   遠藤由樹子
>>〔29〕竹秋や男と女畳拭く         飯島晴子
>>〔28〕鶯や製茶会社のホツチキス      渡邊白泉
>>〔27〕春林をわれ落涙のごとく出る     阿部青鞋
>>〔26〕春は曙そろそろ帰つてくれないか   櫂未知子
>>〔25〕漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に    関根誠子
>>〔24〕飯蛸に昼の花火がぽんぽんと     大野朱香
>>〔23〕復興の遅れの更地春疾風       菊田島椿
>>〔22〕花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ  星野麥丘人
>>〔21〕あしかびの沖に御堂の潤み立つ   しなだしん

>>〔20〕二ン月や鼻より口に音抜けて     桑原三郎
>>〔19〕パンクスに両親のゐる春炬燵    五十嵐筝曲
>>〔18〕温室の空がきれいに区切らるる    飯田 晴
>>〔17〕枯野から信長の弾くピアノかな    手嶋崖元
>>〔16〕宝くじ熊が二階に来る確率      岡野泰輔
>>〔15〕悲しみもありて松過ぎゆくままに   星野立子
>>〔14〕初春の船に届ける祝酒        中西夕紀
>>〔13〕霜柱ひとはぎくしやくしたるもの  山田真砂年
>>〔12〕着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる  吉田穂津
>>〔11〕蓮ほどの枯れぶりなくて男われ   能村登四郎
>>〔10〕略図よく書けて忘年会だより    能村登四郎
>>〔9〕暖房や絵本の熊は家に住み       川島葵 
>>〔8〕冬の鷺一歩の水輪つくりけり     好井由江
>>〔7〕どんぶりに顔を埋めて暮早し     飯田冬眞
>>〔6〕革靴の光の揃ふ今朝の冬      津川絵里子
>>〔5〕新蕎麦や狐狗狸さんを招きては    藤原月彦
>>〔4〕女房の化粧の音に秋澄めり      戸松九里
>>〔3〕ワイシャツに付けり蝗の分泌液    茨木和生
>>〔2〕秋蝶の転校生のやうに来し      大牧 広
>>〔1〕長き夜の四人が実にいい手つき    佐山哲郎


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨【季語=卒業(春)】
  2. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】
  3. はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき【季語=蜩(秋)】
  4. 福笹につけてもらひし何やかや 高濱年尾【季語=福笹(冬)】
  5. をぎはらにあした花咲きみな殺し 塚本邦雄【季語=荻(秋)】
  6. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】
  7. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】
  8. 初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎【季語=初花(春)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】寒
  2. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  3. 【秋の季語】末枯
  4. 冬深し柱の中の波の音 長谷川櫂【季語=冬深し(冬)】
  5. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】
  6. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)】
  7. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ
  9. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  10. 【春の季語】野遊

Pickup記事

  1. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  2. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸崖菊、菊畑
  3. 【秋の季語】檸檬
  4. 白魚のさかなたること略しけり 中原道夫【季語=白魚(春)】
  5. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】
  6. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】
  7. 【冬の季語】冬木立
  8. 馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子【季語=雑煮(新年)】
  9. 波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂【季語=冴ゆ(冬)】
  10. 【春の季語】チューリップ
PAGE TOP