ハイクノミカタ

蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】


蓮ほどの枯れぶりなくて男われ

能村登四郎


先週<略図よく書けて忘年会だより>という句を紹介しましたが、全国の能村登四郎ファンに何となく申し訳ない気がしています。そこで引き続き『寒九』からこんな句は如何でしょう。

枯蓮を見る度、夏のあいだ大きな葉の上に美しい花を戴き婉然と風に揺れていた姿との余りのギャップに驚かずにはいられない。蓮の骨、とも呼ばれるように、茎も葉も水分がすっかり抜け、がっくりと頭を水面に漬けている。みすぼらしいというより荒寥とした景色はそれなりに興趣をそそるものだ。

能村登四郎もまた枯れ果てた蓮を好意と共に眺めている。「枯れぶり」の言い回しにそれが窺える。惚れ惚れする枯れっぷりだなあ、という訳だ。昭和六十年発表なので、このとき七十四歳。写真で見る限り痩躯である。年齢や体型から自分と蓮を”枯“において引き較べるのも自然の成り行きだろう。そうして、目の前の蓮ほど枯れきっていないものを自らの内に見出した。枯淡の境地に遠いと一見謙遜しているようで、実はその逆。ここに突如出てくる「男」なる自覚の生々しさにドキリとする。まだまだ流れている熱い血、そして湧き上がる気力。下五でこんな技をかけてくるところ、さすが芸達者。

(『寒九』角川書店 1987年より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】
  2. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  3. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】
  4. 恋の神えやみの神や鎮花祭 松瀬青々【季語=鎮花祭(春)】
  5. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  6. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】
  7. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  8. 稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男【季語=稲光(秋)】…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第10回】水無瀬と田中裕明
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第12回】高千穂と種田山頭火
  3. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】
  4. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【11】/吉田林檎(「知音」同人)
  6. 口中のくらきおもひの更衣 飯島晴子【季語=更衣(夏)】
  7. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【2】/戸矢一斗(「銀漢」同人)
  9. 【夏の季語】紫陽花
  10. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】花火
  2. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】
  3. いつせいに振り向かれたり曼珠沙華 柏柳明子【季語=曼珠沙華(秋)】
  4. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  5. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  6. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】
  7. なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ【季語=数へ日(冬)】
  8. 【秋の季語】花野/大花野
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー1】 網走と臼田亞浪
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
PAGE TOP