冬の季語

【冬の季語】枯蓮

【冬の季語=三冬(11〜1月)】枯蓮(かれはす・かれはちす)

晩夏に咲きほこる「」も冬になると枯れ落ちてしまいます。折れ曲がり、また骨のように突っ立ち、泥水にうずくまる蓮の姿に俳人は種々の思いを託してきました。「はちす」は古名です。

蓮枯る」と動詞的に使うこともあります。


【枯蓮(上五)】
枯蓮や鯉を丸煮の志那料理 野村喜舟
枯蓮や田毎田ごとの空暮れて 水原秋櫻子
蓮枯れて支へなき日がしたたれり 藤田湘子
枯蓮をうつす水さへなかりけり 安住敦
枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼 
枯蓮のうごくときなどあるものか 飯島晴子
蓮枯れてなほ水面を支配せり 御中虫
枯蓮の上に星座の組まれけり 村上鞆彦

【枯蓮(中七)】
湖の枯蓮風に賑かに 高野素十
枯るるとき最も蓮のなまめかし 橋閒石
杖ついて水の枯蓮歳をとる 竹鼻瑠璃男

【枯蓮(下五)】
おもしろうなりゆくところ枯蓮 山尾玉藻
いつさいは天上にあり枯蓮 浦川聡子

【その他】
蓮十里尽く枯れてしまひけり 正岡子規
ひとつ枯れかくて多くの蓮枯るる 秋元不死男
蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】数え日
  2. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十…
  3. 【秋の季語】秋の風
  4. 【夏の季語】香水
  5. 【新年の季語】読初
  6. 【新年の季語】歌留多
  7. 【秋の季語】松茸
  8. 【冬の季語】短日

おすすめ記事

  1. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  2. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  3. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井
  4. 【春の季語】春灯
  5. 【冬の季語】冬籠
  6. 呼吸器と同じコンセントに聖樹 菊池洋勝【季語=聖樹(冬)】
  7. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  8. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
  9. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
  10. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#02】猫を撮り始めたことについて
  5. けさ秋の一帆生みぬ中の海 原石鼎【季語=今朝秋(秋)】
  6. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
  8. 【新年の季語】七日
  9. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】
  10. 【冬の季語】冬の猫
PAGE TOP