季語・歳時記

【春の季語】猫柳

【春の季語(初春=2月)】猫柳

早春、銀鼠色の毛におおわれた、猫感のある小さな花をつぎつぎとつけはじめる。

日本産のヤナギのなかでは最も早く開花するもののひとつ。

古来から人々の鑑賞するところとなってきたため、俗称も多い。かわやなぎ、えのころやなぎ、たにがわやなぎ、など。

川辺に自生するが、庭木ともされる。また、観賞用として花屋にも並ぶ。


【猫柳(上五)】
猫柳子どもが挿して咲きにけり 富安風生
猫柳高嶺は雪をあらたにす 山口誓子
猫柳湖畔の春はとゝのはず 五十嵐播水
猫柳光もみ出すごときかな 平井照敏
猫柳にはほゝけんとする心 稲畑汀子
猫柳酒蔵へ行く橋の下 久保田月鈴子
猫柳移して工事始まりぬ 宮澤良子
猫柳花屋に水の匂ひ満ち 高橋桃衣

【猫柳(中七)】
誰通りても猫柳光けり 佐々木有風

【猫柳(下五)】
折りかけし枝もありけり猫柳 鈴木花蓑
歓びの咒ひつつむ猫柳 原民喜
晩年や思うところに猫柳 手代木啞々子
一つづつ光輪まとひ猫柳 伊藤柏翠
ジェット機が雲置いてゆく猫柳 小林布佐子
来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子 
彫り了へし墓抱き起す猫柳 久保田哲子 
勝てる気の全然しない猫柳 近恵



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】運動会
  2. 【春の季語】早春
  3. 【春の季語】蜷
  4. 【冬の季語】大寒
  5. 【夏の季語】海の日
  6. 【春の季語】山桜
  7. 【春の季語】夜桜
  8. 【冬の季語】鼻水

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第49回】 小田原と藤田湘子
  2. 【冬の季語】冬の猫
  3. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」桃のティアン
  5. がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典【季語=草の花(秋)】
  6. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  7. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】
  8. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】
  9. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  10. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  2. 大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太【季語=大年(冬)】
  3. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】
  4. 金魚大鱗夕焼の空の如きあり 松本たかし【季語=金魚(夏)】
  5. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  
  6. 【冬の季語】雪野
  7. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
  8. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  9. ぼんやりと夏至を過せり脹脛 佐藤鬼房【季語=夏至(夏)】
  10. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】
PAGE TOP