ハイクノミカタ

来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】


来て見ればほゝけちらして猫柳

細見綾子


今日、2月22日は猫の日。

といってももちろんこれは日本だけのお話。「にゃんにゃんにゃん」の語呂合わせなのだから、当然と言えば当然。

私も含め、猫派の人はなんとなく浮き足立つ日、とも言える。

そこで今日は猫の句、とも思ったけれど、猫ではなく猫柳になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

早春、春の訪れを告げるように銀白色の花穂を出しはじめる猫柳。

あたたかい日差しに誘われて、近くを散策しに来たのかもしれない。「来てみれば」という措辞が、猫柳がここにあることを知っていたようにも思わせる。

来てみたら、猫柳がほほけちらしていた、という素直な感想が、そのまま一句になっている。「あらまあ、もうこんなにほほけてしまっているわ」という綾子の声が聞こえてきそうだ。

「ほほけちらして」は漢字で書けば「蓬け散らして」ということ。「蓬ける」とは草や髪などがほつれ乱れることを指す。

あの毛並みのよい猫のような銀白色の花穂がしだいに蓬けて、黄味がかったぼんやりした花穂になるものだと思っていたのだが、調べてみたら違っていた。

猫柳は雌雄異株で、銀色の花穂は雄花で、蓬けたように見える花穂は雌花だった。「ほゝけちらして」と見えたのは雌花の花穂だ。

綾子がそれを知っていたかどうかは分からないけれど、この句においては、そのことはあまり重要ではない。

蓬けちらした、あまり美しくもない猫柳の姿をそのまま詠んだところ、がこの句の良さであるのだから。

飾らない表現がむしろ深く心に残ったりするものだ。何ということもない句とも思えるのに、この時期になると、ふっと心に浮んでくる。

日下野由季


【日下野由季のバックナンバー】
>>〔20〕氷に上る魚木に登る童かな      鷹羽狩行
>>〔19〕紅梅や凍えたる手のおきどころ    竹久夢二
>>〔18〕叱られて目をつぶる猫春隣    久保田万太郎
>>〔17〕水仙や古鏡の如く花をかかぐ    松本たかし
>>〔16〕此木戸や錠のさされて冬の月       其角
>>〔15〕松過ぎの一日二日水の如       川崎展宏 
>>〔14〕いづくともなき合掌や初御空     中村汀女
>>〔13〕数へ日を二人で数へ始めけり     矢野玲奈
>>〔12〕うつくしき羽子板市や買はで過ぐ   高浜虚子
>>〔11〕てつぺんにまたすくひ足す落葉焚   藺草慶子
>>〔10〕大空に伸び傾ける冬木かな      高浜虚子
>>〔9〕あたたかき十一月もすみにけり   中村草田男
>>〔8〕いつの間に昼の月出て冬の空     内藤鳴雪
>>〔7〕逢へば短日人しれず得ししづけさも  野澤節子
>>〔6〕冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ    川崎展宏
>>〔5〕夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ  千代田葛彦
>>〔4〕団栗の二つであふれ吾子の手は    今瀬剛一
>>〔3〕好きな繪の賣れずにあれば草紅葉   田中裕明
>>〔2〕流星も入れてドロップ缶に蓋      今井 聖
>>〔1〕渡り鳥はるかなるとき光りけり    川口重美


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟【季語=梅雨(夏)】
  2. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  3. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】
  4. おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思【季語=夕立(夏)】
  5. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】
  6. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】
  7. 自動車も水のひとつや秋の暮 攝津幸彦【季語=秋の暮(秋)】
  8. 遊女屋のあな高座敷星まつり 中村汀女【季語=星まつり(秋)】

おすすめ記事

  1. 鵙の贄太古のごとく夕来ぬ 清原枴童【季語=鵙の贄(秋)】
  2. 古池や芭蕉飛こむ水の音 仙厓【季語=芭蕉(秋)】
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【6】/宇志やまと(「銀漢」同人)
  4. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)
  5. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
  6. 【連載】歳時記のトリセツ(4)/中西亮太さん
  7. 極月の空青々と追ふものなし 金田咲子【季語=極月(冬)】
  8. 【春の季語】春の夢
  9. 【夏の季語】出梅
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章

Pickup記事

  1. 【冬の季語】悴む
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第68回】堀田季何
  3. 赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂【季語=昼寝(夏)】
  4. 【冬の季語】古暦
  5. 行秋や音たてて雨見えて雨 成瀬正俊【季語=行秋(秋)】
  6. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】
  7. 【春の季語】惜春
  8. 【春の季語】海市
  9. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 
  10. 忘れゆくはやさで淡雪が乾く 佐々木紺【季語=淡雪(春)】 
PAGE TOP