ハイクノミカタ

夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】


夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ

千代田葛彦


「夕づつ」は漢字で書くと「夕星」。

夕方になると西の空にいち早く点る大きな星で、宵の明星とも言い、金星のことを指す。

金星の最大光度は一等星の数十倍もあるのだそうだ。地球のすぐ近くにある惑星とはいえ、それだけの明るさを持つがゆえに、あれほど大きく輝いて見えるのだろう。

季節は今、秋から冬へ移り変わろうとしている。

夕星を見上げる眼差しは、すでに冬の気配をとらえて覚醒してゆくかのようだ。

「冬よ来よ」――。

冬を待つ心とは、やはり強き心であろう。

夕星、まつ毛、冬。

句に描かれた清澄な空気が、どことなくメルヘンの世界をも感じさせてくれる。

ふと、藤代清治の生み出す影絵の少女が目に浮かんだ。

(日下野由季)


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  2. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(…
  3. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】
  4. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】
  5. 賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎【季語=賀客(新年)】…
  6. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
  7. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  8. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】今朝の冬
  2. 【春の季語】涅槃絵図
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦
  5. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  6. デパートの旗ひらひらと火事の雲 横山白虹【季語=火事(冬)】
  7. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】
  8. 【秋の季語】秋気
  9. くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子【季語=くしゃみ(冬)】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】

Pickup記事

  1. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【18】服部崇
  3. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑
  4. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  6. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】
  7. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月1日配信分】
  9. ライターを囲ふ手のひら水温む 斉藤志歩【季語=水温む(春)】
  10. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
PAGE TOP