ハイクノミカタ

夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】


夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ

千代田葛彦


「夕づつ」は漢字で書くと「夕星」。

夕方になると西の空にいち早く点る大きな星で、宵の明星とも言い、金星のことを指す。

金星の最大光度は一等星の数十倍もあるのだそうだ。地球のすぐ近くにある惑星とはいえ、それだけの明るさを持つがゆえに、あれほど大きく輝いて見えるのだろう。

季節は今、秋から冬へ移り変わろうとしている。

夕星を見上げる眼差しは、すでに冬の気配をとらえて覚醒してゆくかのようだ。

「冬よ来よ」――。

冬を待つ心とは、やはり強き心であろう。

夕星、まつ毛、冬。

句に描かれた清澄な空気が、どことなくメルヘンの世界をも感じさせてくれる。

ふと、藤代清治の生み出す影絵の少女が目に浮かんだ。

(日下野由季)


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾 赤尾兜子【季語=艾(春)】
  2. 海底に足跡のあるいい天気 『誹風柳多留』
  3. 品川はみな鳥のような人たち 小野裕三
  4. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  5. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑
  6. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  7. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】…
  8. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  2. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  3. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦
  4. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
  5. 【秋の季語】秋分の日
  6. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】
  7. 海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作【季語=海苔(春)】
  8. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  9. クリームパンにクリームぎつしり雲の峰 江渡華子【季語=雲の峰(夏)】
  10. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】

Pickup記事

  1. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  3. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】
  4. 【春の季語】涅槃絵図
  5. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
  6. 【春の季語】野に遊ぶ
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第20回】竹内宗一郎
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
  9. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】
  10. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
PAGE TOP