神保町に銀漢亭があったころ

神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年

DNAの共鳴

山田真砂年(「稲」主宰)

銀漢亭が私にとって居心地の良かったのは、美味しいお酒と料理、ご亭主の伊藤伊那男氏のお人柄の良さや日替わりでカウンターに立つ女性陣と多彩な常連さんとの会話であったが、半年の時を経ると、何かもっと身体の芯の部分で銀漢亭に慣れ親しむところがあったような気がしている。

その原因は、私のDNAに刻まれている山の記憶ではなかろうかと思い至った。遙か昔、アフリカを出たホモ・サピエンスはユーラシア大陸の海沿いにインドを過ぎ、インドネシア辺りにかつて存在したスンダランドに到着し、そこから日本列島に向かったグループとインドの手前で内陸部へ入って、シベリア方面から日本列島へ入ったグループがあった。私のDNAには、山や丘陵や草原を見ながら内陸部を歩いた祖先の記憶が刻まれているのだろう。海に馴染めず山に馴染むのはDNAの所為なのだ。おそらく銀漢亭に集う人たちの多くは内陸派の人たちに違いない。また、来店する人たちには長野県人も多く、後天的にも山の記憶を脳の何処かに刻んでいるはず。そんなDNAの共鳴があったのだ。だから、あんなに居心地が良かったのだと妄想する昨今である。

【執筆者プロフィール】
山田真砂年(やまだ・まさとし)
1949年東京都生まれ。「稲」主宰。1986年「未来図」入会、1995年、第1句集『西へ出づれば』で第19回俳人協会新人賞。2008年、第2句集『海鞘喰うて』 。2020年、「稲」創刊・主宰。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【#22】鍛冶屋とセイウチ
  2. 【書評】伊藤伊那男 第三句集『然々と』(北辰社、2018年)
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第4回】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第120回】吉田類
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第56回】池田のりを
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年8月分】
  7. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【18】服部崇
  3. 【新年の季語】初詣
  4. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
  5. 【冬の季語】冬銀河
  6. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】
  7. 【春の季語】立春
  8. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  9. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】
  10. 【夏の季語】雲の峰

Pickup記事

  1. 【夏の季語】薔薇
  2. 【春の季語】春の夢
  3. ビーフストロガノフと言へた爽やかに 守屋明俊【季語=爽やか(秋)】
  4. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  5. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】
  6. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏
  7. 【春の季語】春めく
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第107回】石川洋一
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第121回】堀江美州
  10. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】
PAGE TOP