連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」お米のサラダ


お米のサラダ

Salade de riz


毎日暑いですね。
フランスの夏の定番、「お米のサラダ」。
私たち日本人にとってお米は主食ですが、フランスでは野菜の一種という扱い。肉料理のつけ合わせや、このようなサラダに使われることが多いのです。

茹でたお米に具材を混ぜ、ヴィネグレットと呼ばれる基本的なドレッシングで和えるだけ。
ビネガーの酸味を強めに効かせたヴィネグレットとお米の組み合わせは、ちょっと鮓飯のようでもあり、家族にも好まれています。

写真ではツナと黒オリーブ、かにかまなどを使っています。かにかまはヨーロッパ でもよく見かける食材。フランスではスリミ(surimi)と呼ばれていました。
その時々で、角切りのハムやプロセスチーズ、アンチョビやピクルスなど、ありあわせの具材で適当に。タッパーにつめてピクニックにも持って行きやすく、よく作っていました。
家でのおもてなしには、くり抜いたトマトに詰めたり、ニース風サラダに添えて、冷やしたロゼワインに合わせています。

炎熱や勝利の如き地の明るさ  中村草田男

季語【炎熱】【炎暑】【鮓】【トマト】【蕃茄】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第14回】辻村麻乃
  3. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし…
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年7月分】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第45回】西村厚子

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】【秋の季語】原爆忌/広島忌 長崎忌
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第5回】
  3. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
  4. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  5. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」いくらの醤油漬け
  7. 【新年の季語】門の松
  8. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】
  9. 【冬の季語】小寒
  10. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】

Pickup記事

  1. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】
  2. 【秋の季語】新蕎麦
  3. 【冬の季語】クリスマスカード
  4. 【冬の季語】冬
  5. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  6. 手繰るてふ言葉も旨し走り蕎麦 益岡茱萸【季語=走り蕎麦(秋)】
  7. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
  8. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】
  9. 【新連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第1回】
  10. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
PAGE TOP