笠原小百合の「競馬的名句アルバム」

笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第7回】2018年 天皇賞(春)・レインボーライン


【第7回】
虹はまだ消えず
(2018年 天皇賞(春)・レインボーライン)


天皇賞・春。3,200メートルという長丁場のレースは、JRA平地GⅠでは最長距離である。そんなタフなレースから数々のドラマが生まれてきた。もし優勝馬の中で、たった1頭しか後世に伝えられないとするならば、私はこの馬を挙げるだろう。レインボーライン。2018年天皇賞(春)の優勝馬である。

天皇賞(春)の当日までにGⅠ2着1回3着2回と惜敗続きだったレインボーライン。レインボーラインの前には常に高い壁があった。サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、キタサンブラック──。しかし、強大なライバル馬たちに何度負けても、次こそは勝てると思える、信じられる。そんな魅力がレインボーラインにはあった。

メンコから伸びてピンと立つ耳。先端に行くほど色素が薄くなる尾は金色にも思える。そんな外見的な要素のみならず、マイルも長距離もこなせる掴みどころのなさ、そして父にステイゴールドを持つというところも、私がレインボーラインに惹かれた理由だ。

前走ではGⅡ阪神大賞典を勝ち、約2年ぶりとなる重賞タイトルを獲得。この勢いに乗って、更に大きな舞台での悲願のGⅠ勝利を。レインボーラインの勝利への期待は高まり、願いとも祈りともつかない、もはや怨念のようなパワーが自分の奥底から生じるのを感じた。

そして私の思う通り、レインボーラインは見事1着でゴール板を駆け抜けた。ゴール前、外のシュヴァルグランと内を抜けてくるレインボーラインのほんの数秒間の激しい魂の叩き合いは、永遠に続くかのようにも思えた。そしてゴールの瞬間、レインボーラインが首だけ前に出たのと同時に、体勢が少し崩れた。

ウイニングランもなく、脚を気にして立ち尽くすレインボーライン。間もなくしてやってきた馬運車に乗せられ、レインボーラインはターフを後にした。優勝馬不在の表彰式では、鞍上の岩田騎手をはじめ関係者の顔に笑顔はなかった。あんなに辛い表彰式は今まで見たことがなかった。痛む心を抑えて、とにかくレインボーラインの無事を祈ることしか出来なかった。

レインボーライン引退の報せが届いたのは、それから一ヶ月以上が経った雨の日だった。無事に命が繋がったことにほっとしたのと同時に、「引退」という事実を正式に突きつけられてショックを受けた。レインボーラインがターフに戻ることは、もうない。

けれど、レインボーラインの血は未来へと繋がっていく。種牡馬となれることが決まったのだ。今度はレインボーラインの子どもたちが、その父の夢を乗せてターフを駆けていく。それは雨上がりの空のように輝かしい光景に私には思えた。また、夢の続きを見ることが出来る。虹はまだ消えずに、私の眼前にくっきりとかかっている。

春の虹消えまじとしてかかりをり  細見綾子


【執筆者プロフィール】
笠原小百合(かさはら・さゆり)
1984年生まれ、栃木県出身。埼玉県在住。「田」俳句会所属。俳人協会会員。オグリキャップ以来の競馬ファン。引退馬支援活動にも参加する馬好き。ブログ「俳句とみる夢」を運営中。


【笠原小百合の「競馬的名句アルバム」バックナンバー】

【第1回】春泥を突き抜けた黄金の船(2012年皐月賞・ゴールドシップ)
【第2回】馬が馬でなくなるとき(1993年七夕賞・ツインターボ)
【第3回】薔薇の蕾のひらくとき(2010年神戸新聞杯・ローズキングダム)
【第4回】女王の愛した競馬(2010年/2011年エリザベス女王杯・スノーフェアリー)
【第5回】愛された暴君(2013年有馬記念・オルフェーヴル)
【第6回】母の名を継ぐ者(2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ)


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第84回】飯田冬眞
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第51回】大野田井蛙
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第9回】俳句LOVEと写真と…
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第9回】今井麦
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  6. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞…
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第9回】伊勢と八田木枯

おすすめ記事

  1. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
  2. 噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#13
  4. ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
  6. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  7. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  9. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】

Pickup記事

  1. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】
  2. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし
  3. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  4. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  5. 【冬の季語】日短
  6. 春の言葉おぼえて体おもくなる 小田島渚【季語=春(春)】
  7. 【冬の季語】梅探る
  8. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】
  9. 真っ黒な鳥が物言う文化の日 出口善子【季語=文化の日(秋)】
  10. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】
PAGE TOP