堀切克洋の「パリ子育て俳句さんぽ」【ラジオ】

「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】

セクト・ポクリット管理人の堀切です。

アートラジオ〈浮かぶカフェ〉は、毎週金曜日夜8時配信! 少し浮かぶこともかなり浮かぶこともありますよー。入口で重いものは脱ぎ捨てて、軽くなってお過ごしください。わたくし、立春過ぎてまた雪が5センチほど積もったパリから、今週もお邪魔しております。

Youtube(下記リンク)でも聴くことができますし、その他、Podcast、Anchor、Spotifyなどでも視聴できます。

今年は2月12日が「旧正月」。パリ市内には3つも中華街があり、そのうちひとつはヨーロッパ最大であると言われています。フランスでは、ベトナム戦争のときにラオスやカンボジアからの移民を受け入れたこともあり、結構な数の中華系の人たちが住んでいます。そんなわけで、スーパーではアジア食品フェアをやっていたりしますが、そこは「アジア」という雑な括り…(苦笑)

本日ご紹介しているのは、今週もうひとつのイベントである「バレンタインデー」の俳句。〈愛の日ゴディバビタメールレオニダス〉は、昨年103歳で亡くなられた後藤比奈夫さんの句、〈バレンタインデー父を励ます日となりぬ〉は小林すみれさんの句。いつものように新作一句を最後にご紹介しております。それではまたお会いしましょう。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋につい…
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#13
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司
  4. 【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」いくらの醤油漬け
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年8月分】

おすすめ記事

  1. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  3. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
  4. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年4月分】
  6. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】
  7. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
  8. 【春の季語】二月尽
  9. 誰かまた銀河に溺るる一悲鳴 河原枇杷男【季語=銀河(秋)】
  10. 【春の季語】葱の花

Pickup記事

  1. 船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟【季語=梅雨(夏)】
  2. ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
  3. 牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり      大岡龍男【季語=牡蠣舟(冬)】
  4. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  5. 【春の季語】余寒
  6. 【秋の季語】芭蕉/芭蕉葉、芭蕉林
  7. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
  8. 纐纈の大座布団や春の宵 真下喜太郎【季語=春の宵(春)】
  9. 死因の一位が老衰になる夕暮れにイチローが打つきれいな当たり 斉藤斎藤
  10. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)
PAGE TOP