連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ


ルバーブ

Rhubarbe


ルバーブ。欧米では広く親しまれている野菜です。
古代から中国で薬として栽培されていた大黄が、シルクロードを経てヨーロッパに伝わったものだそう。
日常的に料理に使われるようになったのは19世紀、イギリスが最初なのだとか。とても酸っぱいので、砂糖をたっぷり加えてジャムやシロップ、デザートに使うのが一般的です。

日本では信州で多く栽培されていて、行くたびに農産物直売所で買うのが楽しみでしたが、近年、近所の八百屋さんでも時々見かけるようになりました。生産する農家さんが増えているのかもしれませんね。

もとが薬草だけあって、カリウムや葉酸が豊富。とても大きな葉がわさわさと茂るのですが、収穫されるのは茎だけです。葉には毒があって、食用にならないのだそう。
日本の野草である羊蹄(ぎしぎし)も、同じ仲間なのですって。

わたしは、ルバーブの量に対し四分の一くらいの砂糖をまぶしてしばらく置き、茎の形が少し残る程度に煮るのが好きです。かなり酸っぱめ。これにクランブル生地をたっぷりのせて、タルトに焼くのです。
ジャムにする場合は、砂糖はルバーブの半量くらいで。
さわやかな酸味が、蒸し暑くなるこれからの時期にぴったりです。

翻る青のみならず青嵐  後藤比奈夫

季語【青嵐】【羊蹄】【ぎしぎし】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第20回】遠賀川と野見山朱鳥…
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第34回】鈴木琢磨
  4. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第12回】高千穂と種田山頭火…
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第69回】 東吉野村と三橋敏…
  7. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第1回】2012年・皐月賞
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第1回】武田禪次

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋の蛇
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第121回】堀江美州
  4. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  5. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  6. 【第4回】巴里居候雑記/名取里美
  7. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  8. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】
  9. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【前編】
  10. 【冬の季語】大寒

Pickup記事

  1. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁
  3. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
  4. 【春の季語】春の泥
  5. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
  6. 秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子【季語=秋風(秋)】
  7. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  8. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
  9. 真っ黒な鳥が物言う文化の日 出口善子【季語=文化の日(秋)】
  10. 屋根の上に明るき空やパリの春 コンラツド・メイリ【季語=春(春)】
PAGE TOP