連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ


ルバーブ

Rhubarbe


ルバーブ。欧米では広く親しまれている野菜です。
古代から中国で薬として栽培されていた大黄が、シルクロードを経てヨーロッパに伝わったものだそう。
日常的に料理に使われるようになったのは19世紀、イギリスが最初なのだとか。とても酸っぱいので、砂糖をたっぷり加えてジャムやシロップ、デザートに使うのが一般的です。

日本では信州で多く栽培されていて、行くたびに農産物直売所で買うのが楽しみでしたが、近年、近所の八百屋さんでも時々見かけるようになりました。生産する農家さんが増えているのかもしれませんね。

もとが薬草だけあって、カリウムや葉酸が豊富。とても大きな葉がわさわさと茂るのですが、収穫されるのは茎だけです。葉には毒があって、食用にならないのだそう。
日本の野草である羊蹄(ぎしぎし)も、同じ仲間なのですって。

わたしは、ルバーブの量に対し四分の一くらいの砂糖をまぶしてしばらく置き、茎の形が少し残る程度に煮るのが好きです。かなり酸っぱめ。これにクランブル生地をたっぷりのせて、タルトに焼くのです。
ジャムにする場合は、砂糖はルバーブの半量くらいで。
さわやかな酸味が、蒸し暑くなるこれからの時期にぴったりです。

翻る青のみならず青嵐  後藤比奈夫

季語【青嵐】【羊蹄】【ぎしぎし】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第9回】今井麦
  2. シゴハイ【第1回】平山雄一(音楽評論家)
  3. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞…
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第10回】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第61回】 石鎚山と石田波郷…
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第119回】木戸敦子

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第93回】井上弘美
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第24回】近江と森澄雄
  4. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】
  5. なんぼでも御代りしよし敗戦日 堀本裕樹【季語=敗戦日(秋)】
  6. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  7. 【秋の季語】芋虫
  8. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】
  9. 【秋の季語】末枯
  10. 【#28】愛媛県の岩松と小野商店

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月11日スタート】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第39回】 青森・五所川原と成田千空
  3. 【春の季語】三椏の花
  4. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  5. 【新年の季語】初夢
  6. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】
  7. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】
  8. 仰向けに冬川流れ無一文 成田千空【季語=冬川(冬)】
  9. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  10. クッキーと林檎が好きでデザイナー 千原草之【季語=林檎(秋)】
PAGE TOP