堀切克洋の「パリ子育て俳句さんぽ」【ラジオ】

「パリ子育て俳句さんぽ」【10月29日配信分】

セクト・ポクリット管理人の堀切です。

店主サチヨさんがこの世のどこかで開店しているアートの溜まり場〈浮かぶカフェ〉。シーズン5です!

じつは今週も、ちょっと忙しくてお邪魔できていないのですが… なんと、常連のヤンさんことダンサー・和太鼓奏者の長谷川暢さんが今週も、不肖わたくしめの俳句から、曲をつくってくださいましたー!!

Youtube(下記リンク)からも聴けますし、Podcast、Anchor、Spotifyなどでも視聴できますよー。

聞いていただけました?

いやー、すごくないですか?

句じゃなくて、もちろん曲ですよ。

そしてなんだか長い曲と短い曲というのは、俳句を本質をつかれたような気がします。

一言でいえば、言葉としては同じ17音でも、だいぶ緩急があるということですね。

「誰」なんていうのは、わりと日常の時間の流れのなかの「一瞬の思い」なわけで、そういう意味でそこにはドラマはなく、そのまんま、といえば、そのまんま。

でも「いちじく」の句は、ちょっとそういう日常の時間から逸脱してる感じなのかな? ふつーの人は、そういうところ見ないようなところがあるので。

そんなことを、次回カフェに来店するときには、お話しようかなと思ってます。

ヤンさん、ありがとうございました!!

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第6回】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏…
  3. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」菜の花のオイスターソースがけ
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第68回】堀田季何
  7. 【第22回】新しい短歌をさがして/服部崇
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6
  2. 【冬の季語】漱石忌
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  4. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  5. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】
  6. 妹の手をとり水の香の方へ 小山玄紀
  7. 【冬の季語】日向ぼっこ
  8. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】
  9. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】
  10. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】雪野
  2. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  3. 萩に雨こんな日もなければ困る 中原道夫【季語=萩(秋)】
  4. あたたかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=冬の空(冬)】
  5. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  6. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  7. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】
  8. うららかや空より青き流れあり 阿部みどり女【季語=うららか(春)】
  9. ジェラートを売る青年の空腹よ 安里琉太【季語=ジェラート(夏)】
  10. 【第10回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:西生ゆかりさん)
PAGE TOP