神保町に銀漢亭があったころ

【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【13】/久留島元(関西現代俳句協会青年部長)


麒麟さんと

久留島元
(関西現代俳句協会青年部長


のっけから恐縮だが、少し自己紹介を。私は神戸の出身で、高校時代に俳句甲子園をきっかけに俳句をはじめた。その後、京都の大学に通い、今も京都の大学に職を得ている。

関西から調べものや学会で東京へ出るときには、俳句の友だち、特に西村麒麟さんに声をかける。いつからかそれが恒例になっている。ほかの友だちが結婚したり仕事で忙しくなったりして誘いにくくなるなか、麒麟さんはいつも気軽に、機嫌よく応じてくれ、そのたびに誰々を呼ぼう、どこそこへ行こう、と気を使って手配してくださる。ありがたい句友、というより酒友である。

当人の書いた文章を読むと、あれができぬこれができぬとおよそ社会不適合者、無能人のように装っているが、少なくとも飲み会のセッティングについては周到であり、またなにより気遣いの人であるから、任せておけば安心である。そのうえかたわらに敏腕マネージャーA子さんがついているので、なお百倍安心である。もちろん麒麟さん(とA子さん)が関西に来るときはこちらが一席設ける。かくして、パンデミック前には年に数回は必ず麒麟さん(とA子さん)に会い、会えばここでは書けない俳句世間のあれこれ話を肴に酒を飲み、おおいに管を巻くのが常であった。

銀漢亭へは、その麒麟プロデュースの席で、二度ほどお邪魔したことがある。関西の人間を紹介しようという心遣いだろう、はじめて行ったときは阪西敦子さん佐藤文香氏が一緒だったのではないか(別の店の記憶だったらごめんなさい)。

キャッシュオンデリバリーの形式に慣れておらず、お店のおすすめもわからないまま麒麟さんに任せていたら、麒麟さんは酒の席では至って少食になる質だから、食事の注文が少なめに終わった。酒だけはどんどん入れたのでおおいに酔っ払い、なんとか宿へたどり着いて、翌朝、空腹で目を覚ましたことを覚えている。どうにも我慢できず、宿を出て早朝の吉野家に駆け込み、出勤前のサラリーマンに混じって大盛り牛丼をかきこんだ。麒麟さんの気遣いは酒を飲むまでと学んだ。

二度目は、これも麒麟さんと東京で飲んでいた時、句会の二次会をやっているとかで銀漢亭に合流することになったのではなかったか。どなたのなんであったか、失念している。申し訳ない。とにかく合流し、テーブルからテーブルへ、グラスを持ってふらふら訪ね歩き、酔眼朦朧としながら、いったい誰のどの籠から酒代が払われているのかと心配になったことだけ覚えている。私にとって銀漢亭は、とにかく記憶を失うところであった。

ところでこのたび、拙文を書くにあたり改めて公開されている「銀漢亭のあったころ」をいくつか拝読したのだが、実に西村麒麟の登場回数が多い。店員でもないのに、ほとんど身内のようだ。

関西では、句会や勉強会など結社をこえたつきあいはかなりあるが、銀漢亭のように、いつも覗けば誰かに会える、次々出会える、というような場はあまり聞かない(私が知らないだけかも)。それぞれのグループの行きつけの店が分かれているのだと思う。

だから東京のサロン的雰囲気はうらやましくもあり、少し敷居が高くも感じる。銀漢亭の皆さん、今度はぜひ、関西でもお会いしましょう。


【執筆者プロフィール】
久留島元(くるしま・はじめ)
1985年生まれ。もと「船団の会」会員、現在、関西現代俳句協会青年部長。共著『関西俳句なう』(本阿弥書店)など。


【神保町に銀漢亭があったころリターンズ・バックナンバー】

【12】飛鳥蘭(「銀漢」同人)「私と神保町ーそして銀漢亭」
【11】吉田林檎(「知音」同人)「銀漢亭なう!」
【10】辻本芙紗(「銀漢」同人)「短冊」
【9】小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)「いや重け吉事」
【8】金井硯児(「銀漢」同人)「心の中の書」
【7】中島凌雲(「銀漢」同人)「早仕舞い」
【6】宇志やまと(「銀漢」同人)「伊那男という名前」
【5】坂口晴子(「銀漢」同人)「大人の遊び・長崎から」
【4】津田卓(「銀漢」同人・「雛句会」幹事)「雛句会は永遠に」
【3】武田花果(「銀漢」「春耕」同人)「梶の葉句会のこと」
【2】戸矢一斗(「銀漢」同人)「「銀漢亭日録」のこと」
【1】高部務(作家)「酔いどれの受け皿だった銀漢亭」


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

クラウドファンディングまだまだ実施中!(2022年7月7日23時59分まで!) 詳しくは下の画像をクリック!(Motion Gallery 特設サイトにリンクします)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第71回】遠藤由樹子
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  4. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月16日配信分】
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月18日配信分】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子
  2. 金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ 菖蒲あや【季語=金魚(夏)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】
  4. 蜩やチパナスのあたり雲走る 井岡咀芳【季語=蜩(秋)】
  5. 【秋の季語】秋分
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  7. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  8. 【冬の季語】風邪
  9. 【冬の季語】枯芝
  10. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】

Pickup記事

  1. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  2. 【春の季語】初音
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(2)/橋本喜夫さん
  4. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】
  5. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 
  6. 銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】
  7. 「けふの難読俳句」【第1回】「直会」
  8. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】
  9. ピーマンの中の空気は忘れもの 能村研三【季語=ピーマン(夏)】
  10. 山羊群れて夕立あとの水ほとり  江川三昧【季語=夕立(夏)】
PAGE TOP