連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋


鴨鍋

Marmite (Nabe) de canard


きのうは大寒でした。鴨鍋は、寒中の食べものとして昔から親しまれてきた料理のひとつ。

狩猟をする知人からいただいた野生の鴨がとてもおいしくて、以来わが家では鴨鍋ブームが来ています。

私は鴨肉はあらかじめフライパンで皮目を下にして焼き、それからスライス。鴨から出た脂で葱にも焼き目をつけています。締めはもちろん蕎麦。

わが家は狩猟の獲物のおすそ分けをいただくことが時々あります。鴨のほかに鹿、猪、たまに熊など。これは本当にありがたいことで、都度大切に料理して味わっています。

野生の鳥獣は、数が増えすぎたり人里近くに出てきてしまったりすれば駆除の対象になります。自然の生態系を守るためにも必要なことなのですよね。「かわいい」「かわいそう」だけでは括れない、本当の命との向き合いかたがあるのだなと思っています。

私は食べる以外に貢献できることがないので、せめていただいたお肉をおいしく料理することで、自然への敬意と感謝を表しているつもりです。真冬の野山に分け入って猟をしてくださる皆さんの安全を願いつつ。

海暮れて鴨のこゑほのかに白し  松尾芭蕉

季語【鴨】【鴨鍋】【葱】【大寒】【寒中】【猟】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ハイシノミカタ【#5】「藍花」(川合牛蒡編集長)
  2. 【第20回】新しい短歌をさがして/服部崇
  3. 【#23】懐かしいノラ猫たち
  4. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)…
  5. 【#46】大学の猫と留学生
  6. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリ…
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第29回】広渡敬雄
  3. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】
  4. 【春の季語】葱坊主
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第53回】 秋篠寺と稲畑汀子
  6. 【夏の季語】梅雨明
  7. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  8. 死はいやぞ其きさらぎの二日灸 正岡子規【季語=二日灸(春)】
  9. 秋櫻子の足あと【第2回】谷岡健彦
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」コック・オ・ヴァン

Pickup記事

  1. ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希【季語=サングラス(夏)】
  2. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】
  3. 【春の季語】雛飾(雛飾り)
  4. 一陣の温き風あり返り花 小松月尚【季語=返り花(冬)】
  5. 【冬の季語】毛糸編む
  6. 【春の季語】沙翁忌
  7. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】
  8. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)】
  9. 【新年の季語】松飾る
  10. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
PAGE TOP