連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋


鴨鍋

Marmite (Nabe) de canard


きのうは大寒でした。鴨鍋は、寒中の食べものとして昔から親しまれてきた料理のひとつ。

狩猟をする知人からいただいた野生の鴨がとてもおいしくて、以来わが家では鴨鍋ブームが来ています。

私は鴨肉はあらかじめフライパンで皮目を下にして焼き、それからスライス。鴨から出た脂で葱にも焼き目をつけています。締めはもちろん蕎麦。

わが家は狩猟の獲物のおすそ分けをいただくことが時々あります。鴨のほかに鹿、猪、たまに熊など。これは本当にありがたいことで、都度大切に料理して味わっています。

野生の鳥獣は、数が増えすぎたり人里近くに出てきてしまったりすれば駆除の対象になります。自然の生態系を守るためにも必要なことなのですよね。「かわいい」「かわいそう」だけでは括れない、本当の命との向き合いかたがあるのだなと思っています。

私は食べる以外に貢献できることがないので、せめていただいたお肉をおいしく料理することで、自然への敬意と感謝を表しているつもりです。真冬の野山に分け入って猟をしてくださる皆さんの安全を願いつつ。

海暮れて鴨のこゑほのかに白し  松尾芭蕉

季語【鴨】【鴨鍋】【葱】【大寒】【寒中】【猟】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第6回】
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッ…
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第37回】龍安寺と高野素十…
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」鶏皮ポン酢
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(4)/中西亮太さん
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第7回】大森海岸と大牧広
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼…

おすすめ記事

  1. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂
  2. 赤福の餡べつとりと山雪解 波多野爽波【季語=雪解(春)】 
  3. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】
  4. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  5. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  6. 【書評】柏柳明子 第2句集『柔き棘』(紅書房、2020年)
  7. 【夏の季語】梅雨入
  8. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年3月分】
  10. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】年忘れ
  2. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】
  3. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
  4. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  5. 誰かまた銀河に溺るる一悲鳴 河原枇杷男【季語=銀河(秋)】
  6. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  7. 【冬の季語】実南天
  8. 【夏の季語】向日葵
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月26日配信分】
  10. ハイシノミカタ【#2】「奎」(小池康生代表)
PAGE TOP