連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鴨鍋

Marmite (Nabe) de canard


きのうは大寒でした。鴨鍋は、寒中の食べものとして昔から親しまれてきた料理のひとつ。

狩猟をする知人からいただいた野生の鴨がとてもおいしくて、以来わが家では鴨鍋ブームが来ています。

私は鴨肉はあらかじめフライパンで皮目を下にして焼き、それからスライス。鴨から出た脂で葱にも焼き目をつけています。締めはもちろん蕎麦。

わが家は狩猟の獲物のおすそ分けをいただくことが時々あります。鴨のほかに鹿、猪、たまに熊など。これは本当にありがたいことで、都度大切に料理して味わっています。

野生の鳥獣は、数が増えすぎたり人里近くに出てきてしまったりすれば駆除の対象になります。自然の生態系を守るためにも必要なことなのですよね。「かわいい」「かわいそう」だけでは括れない、本当の命との向き合いかたがあるのだなと思っています。

私は食べる以外に貢献できることがないので、せめていただいたお肉をおいしく料理することで、自然への敬意と感謝を表しているつもりです。真冬の野山に分け入って猟をしてくださる皆さんの安全を願いつつ。

海暮れて鴨のこゑほのかに白し  松尾芭蕉

季語【鴨】【鴨鍋】【葱】【大寒】【寒中】【猟】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年11月分】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第29回】広渡敬雄
  3. 【#14】「流れ」について
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第7回】大塚凱
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ
  7. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回
  8. こんな本が出た【2021年1月刊行分】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP