連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」桃のティアン


桃のティアン

Tian aux pêches


暑さの中にも秋の気配が感じられるようになってきました。
晩生種の桃が旬ですね。
近年は6月ごろからおいしい早生の品種が出回りますが、桃はほんらい秋の季語。「あかつき」や「川中島白桃」といった、身がしっかりした今の時期の桃、大好きです。

ちょっと小ぶりのお買い得な桃がある時につくる、「桃のティアン」。バターを塗った耐熱皿にサンドイッチパンを敷き込んで、二つ割にした桃を並べ、卵液を流して焼くだけ。
ほの温かいうちに食べても、冷たくひやしてもおいしい、家族の大好きなデザートです。

 新涼や白きてのひらあしのうら  川端茅舎

季語【新涼】【秋暑し】【桃】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年3月分】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月9日配信分】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月11日配信分】
  5. 秋櫻子の足あと【第11回】谷岡健彦
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第54回】 宗谷海峡と山口誓…
  7. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞…
  8. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる…

おすすめ記事

  1. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】
  2. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】
  3. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】
  4. 【春の季語】卒業す
  5. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】
  6. みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井【季語=滝(夏)】
  7. 三椏の花三三が九三三が九 稲畑汀子【季語=三椏の花(春)】
  8. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】
  9. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
  10. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 

Pickup記事

  1. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  2. 【#31】ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服
  3. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  4. 秋櫻子の足あと【第8回】谷岡健彦
  5. 妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一【季語=五月(夏)】
  6. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  7. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  8. 【新年の季語】宝船
  9. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】
  10. 【#44】写真の不思議
PAGE TOP