ハイクノミカタ

彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太


彎曲し火傷し爆心地のマラソン

金子兜太
(『金子兜太句集』1961年)


言わずと知れた、と言ってもいいのではないかと思われる、金子兜太の代表句であるが、これが兜太のサラリーマン生活の副産物であることは案外に知られていないらしい。この句は日本銀行に勤めていた兜太が長崎に赴任していた時代の作品である。すなわち「爆心地」は実証的には長崎をさすが、これを作家の手から放して「グラウンド・ゼロ」に置き換えれば、そこがニューヨークであっても差し支えはないのだろう。「わんきょくしかしょうしばくしんちのまらそん」は破調ゆえ音の切りどころは読み手で微妙に異なるかもしれないが、二つの「し」の脚韻と、「彎曲」「火傷」「爆心地」という熟語の音読みによってリズムと力強さが表現されていて、「わんきょくし/かしょうし/ばくしんちのまらそん」と意味で切って読むと良い具合にリズムも乗るように計算されている。もしこれを無理矢理に五七五に寄せれば、「わんきょくし/かしょうしばくしんちの/まらそん」で五・十・四というくらいになりそうだが、この句を無理矢理定型に落とし込むことにあまり意義はないように思う。ついでに、「爆心地」だから夏だ、というのも、あまり賛成できない。この夏のオリンピックで問題になった通りで、日本の夏にマラソンなどできたものではない。それよりなによりこの句は、音のリズムと意味のたたみかけの調律が俳句の外の世界に向かって効いているところがストロングポイントなのであり、過去/現在、死/生、静/動、虚/実等々、様々な意味の折り重なりを背後に控えさせつつ、過去の原爆投下という人類の罪業の最たる行為、巨大な死の塊の幻影と、眼前の現実の生身の人間のマラソンの躍動が重なり合って一つの句として合成されている。ついでに言えば、今を走る連続としてのマラソンランナー-の躍動は、未来へ引かれたラインでもあるのだろう(その辺が戦後日本の気分をうまくつかまえてはいないだろうか)。この幻影と現実および生と死の重なり合いという点で言えば、兜太の別の代表句「梅咲いて庭中に青鮫が来ているも同じような構造を持っていて、これらは意味で俳句を作るスタイルで写実を逸脱する方法の一つのお手本ではないかと思う。

橋本直


【橋本直のバックナンバー】
>>〔48〕蜩やチパナスのあたり雲走る     井岡咀芳
>>〔47〕日まはりは鬼の顔して並びゐる    星野麦人
>>〔46〕わが畑もおそろかならず麦は穂に  篠田悌二郎
>>〔45〕片影にこぼれし塩の点々たり     大野林火
>>〔44〕もろ手入れ西瓜提灯ともしけり   大橋櫻坡子
>>〔43〕美しき緑走れり夏料理        星野立子
>>〔42〕遊女屋のあな高座敷星まつり     中村汀女
>>〔41〕のこるたなごころ白桃一つ置く   小川双々子
>>〔40〕海女ひとり潜づく山浦雲の峰     井本農一
>>〔39〕太宰忌や誰が喀啖の青みどろ    堀井春一郎
>>〔38〕草田男やよもだ志向もところてん    村上護
>>〔37〕水底を涼しき風のわたるなり     会津八一
>>〔36〕棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌    秋元不死男
>>〔35〕谺して山ほととぎすほしいまゝ    杉田久女
>>〔34〕夕立や野に二筋の水柱       広江八重桜
>>〔33〕雲の上に綾蝶舞い雷鳴す      石牟礼道子
>>〔32〕尺蠖の己れの宙を疑はず       飯島晴子
>>〔31〕生前の長湯の母を待つ暮春      三橋敏雄
>>〔30〕産みたての卵や一つ大新緑      橋本夢道
>>〔29〕非常口に緑の男いつも逃げ     田川飛旅子
>>〔28〕おにはにはにはにはとりがゐるはるは  大畑等
>>〔27〕鳥の巣に鳥が入つてゆくところ   波多野爽波
>>〔26〕花の影寝まじ未来が恐しき      小林一茶
>>〔25〕海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規
>>〔24〕白梅や天没地没虚空没        永田耕衣
>>〔23〕隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな  加藤楸邨
>>〔22〕幻影の春泥に投げ出されし靴     星野立子
>>〔21〕餅花のさきの折鶴ふと廻る       篠原梵

>>〔20〕ふゆの春卵をのぞくひかりかな    夏目成美
>>〔19〕オリヲンの真下春立つ雪の宿     前田普羅
>>〔18〕同じ事を二本のレール思はざる    阿部青鞋 
>>〔17〕死なさじと肩つかまるゝ氷の下    寺田京子
>>〔16〕初場所や昔しこ名に寒玉子     百合山羽公
>>〔15〕土器に浸みゆく神酒や初詣      高浜年尾
>>〔14〕大年の夜に入る多摩の流れかな   飯田龍太
>>〔13〕柊を幸多かれと飾りけり       夏目漱石
>>〔12〕杖上げて枯野の雲を縦に裂く     西東三鬼
>>〔11〕波冴ゆる流木立たん立たんとす    山口草堂
>>〔10〕はやり風邪下着上着と骨で立つ    村井和一
>>〔9〕水鳥の夕日に染まるとき鳴けり    林原耒井
>>〔8〕山茶花の弁流れ来る坂路かな     横光利一
>>〔7〕さて、どちらへ行かう風がふく     山頭火
>>〔6〕紅葉の色きはまりて風を絶つ     中川宋淵
>>〔5〕をぎはらにあした花咲きみな殺し   塚本邦雄
>>〔4〕ひっくゝりつっ立てば早案山子かな  高田蝶衣
>>〔3〕大いなる梵字のもつれ穴まどひ     竹中宏
>>〔2〕秋鰺の青流すほど水をかけ     長谷川秋子
>>〔1〕色里や十歩離れて秋の風       正岡子規


【執筆者プロフィール】
橋本直(はしもと・すなお)
1967年愛媛県生。「豈」同人。現代俳句協会会員。現在、「楓」(邑久光明園)俳句欄選者。神奈川大学高校生俳句大賞予選選者。合同句集『水の星』(2011年)、『鬼』(2016年)いずれも私家版。第一句集『符籙』(左右社、2020年)。共著『諸注評釈 新芭蕉俳句大成』(明治書院、2014年)、『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』(ふらんす堂、2018年)他。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 名ばかりの垣雲雀野を隔てたり 橋閒石【季語=雲雀野(春)】
  2. くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子【季語=くしゃみ(冬)…
  3. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  4. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】…
  5. いつせいに柱の燃ゆる都かな 三橋敏雄
  6. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  7. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】
  8. 共にゐてさみしき獣初しぐれ 中町とおと【季語=初時雨(冬)】

おすすめ記事

  1. 【春の季語】黄水仙
  2. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  3. 菜の花や部屋一室のラジオ局 相子智恵【季語=菜の花(春)】
  4. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  5. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
  6. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】
  7. 春日差す俳句ポストに南京錠 本多遊子【季語=春日(春)】
  8. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 
  9. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
  10. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】

Pickup記事

  1. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  2. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  3. 【秋の季語】秋の空
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第44回】 安房と鈴木真砂女
  5. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】
  6. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第7回】大塚凱
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】
  10. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
PAGE TOP