ハイクノミカタ

のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】


のこるたなごころ白桃一つ置く

小川双々子
(『小川双々子全句集』1990年)


第三句集『くろはらいそ』所収の句。状況の情報がないとよくわからない句である。「のこる」と形容された「たなごころ」はどこか物質的で、人ではなく像のそれではないかという印象さえ受ける。しかし、句集の前後の句群を通して読むと、それは「復生院」と前書のある「預言灼けテトラポットの白き翳」から「むしろかなしテトラポットの灼けならび」までの、そうは断っていないものの、十二句の連作のなかの一句ということとがわかる。「復生院」は静岡県御殿場市にある神山復生病院のことだろう。日本最古のハンセン病の治療・療養施設で、明治時代にフランスのカソリック宣教会の神父が開いた。小川双々子はカソリック信者であり、静岡の在であった。詳細は不明だが、おそらく宗教活動のボランティアで訪問した際の作ではないかと想像される。ハンセン病がどのような病であるのかがわかっていれば、掲句の「のこる」の言わんとするところはたやすく理解され、たなごころを含めた療養者の全身の受け止める白桃の輝きや芳香、そして「置く」行為の善意とか清らかさとか、願いとかが場にただよいはじめる。その文脈で読めば、「肩たたけば癩の彼より汗零る」「縫合の顔蟬聲に満されて」「花野に沈むこはれし掌ふりづつけ」というような一連の句群も違和感なく読み進めることが許されようが、その文脈からやや引いたところ、現代の私の感覚からしてこれらの句の中にある作家の眼差しをどう読むのか、ということを思うとき、双々子には悪いが、こんなに無邪気に詠んで良かったのか、と考え込んでしまう。あるいは考えすぎなのかもしれないけれども。

小川双々子はいわゆる前衛系の俳人といわれていて、その点で言えば掲句のような句は本領ではなく、普通には読みの文脈を構築させないような、かなり難解な句を詠む人という印象がある。おそらく「前衛俳句」の俳人とされた作家達の中でも異質な存在なのではないかと思われ、その位置づけは興味深いのだが、亡くなって約十五年の間にその句業を取り上げられることが少なく、雑誌での特集などはほとんどされていないのではないだろうか(注)。掲句のような句群も含めた、この作家の句業の全体像をまとめた仕事がどこからか出てくると嬉しいのだけれど。

注・・・小川双々子の仕事について紹介してあるサイトはこの二つくらい。
①円形広場「小川双々子の世界」
http://www.ctk.ne.jp/~buma-n46/ogawa.html
②スピカ(杉本徹×関悦史×神野紗希×野口る理による座談会)
2012年4月28日「2012年4・5月 第五回 餅搗の搗き込むつよき光をかな 小川双々子(関悦史推薦)」
http://spica819.main.jp/yomiau/6435.html

橋本直


【橋本直のバックナンバー】
>>〔40〕海女ひとり潜づく山浦雲の峰     井本農一
>>〔39〕太宰忌や誰が喀啖の青みどろ    堀井春一郎
>>〔38〕草田男やよもだ志向もところてん    村上護
>>〔37〕水底を涼しき風のわたるなり     会津八一
>>〔36〕棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌    秋元不死男
>>〔35〕谺して山ほととぎすほしいまゝ    杉田久女
>>〔34〕夕立や野に二筋の水柱       広江八重桜
>>〔33〕雲の上に綾蝶舞い雷鳴す      石牟礼道子
>>〔32〕尺蠖の己れの宙を疑はず       飯島晴子
>>〔31〕生前の長湯の母を待つ暮春      三橋敏雄
>>〔30〕産みたての卵や一つ大新緑      橋本夢道
>>〔29〕非常口に緑の男いつも逃げ     田川飛旅子
>>〔28〕おにはにはにはにはとりがゐるはるは  大畑等
>>〔27〕鳥の巣に鳥が入つてゆくところ   波多野爽波
>>〔26〕花の影寝まじ未来が恐しき      小林一茶
>>〔25〕海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規
>>〔24〕白梅や天没地没虚空没        永田耕衣
>>〔23〕隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな  加藤楸邨
>>〔22〕幻影の春泥に投げ出されし靴     星野立子
>>〔21〕餅花のさきの折鶴ふと廻る       篠原梵

>>〔20〕ふゆの春卵をのぞくひかりかな    夏目成美
>>〔19〕オリヲンの真下春立つ雪の宿     前田普羅
>>〔18〕同じ事を二本のレール思はざる    阿部青鞋 
>>〔17〕死なさじと肩つかまるゝ氷の下    寺田京子
>>〔16〕初場所や昔しこ名に寒玉子     百合山羽公
>>〔15〕土器に浸みゆく神酒や初詣      高浜年尾
>>〔14〕大年の夜に入る多摩の流れかな   飯田龍太
>>〔13〕柊を幸多かれと飾りけり       夏目漱石
>>〔12〕杖上げて枯野の雲を縦に裂く     西東三鬼
>>〔11〕波冴ゆる流木立たん立たんとす    山口草堂
>>〔10〕はやり風邪下着上着と骨で立つ    村井和一
>>〔9〕水鳥の夕日に染まるとき鳴けり    林原耒井
>>〔8〕山茶花の弁流れ来る坂路かな     横光利一
>>〔7〕さて、どちらへ行かう風がふく     山頭火
>>〔6〕紅葉の色きはまりて風を絶つ     中川宋淵
>>〔5〕をぎはらにあした花咲きみな殺し   塚本邦雄
>>〔4〕ひっくゝりつっ立てば早案山子かな  高田蝶衣
>>〔3〕大いなる梵字のもつれ穴まどひ     竹中宏
>>〔2〕秋鰺の青流すほど水をかけ     長谷川秋子
>>〔1〕色里や十歩離れて秋の風       正岡子規


【執筆者プロフィール】
橋本直(はしもと・すなお)
1967年愛媛県生。「豈」同人。現代俳句協会会員。現在、「楓」(邑久光明園)俳句欄選者。神奈川大学高校生俳句大賞予選選者。合同句集『水の星』(2011年)、『鬼』(2016年)いずれも私家版。第一句集『符籙』(左右社、2020年)。共著『諸注評釈 新芭蕉俳句大成』(明治書院、2014年)、『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』(ふらんす堂、2018年)他。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】
  2. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  3. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  4. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  5. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  6. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】
  7. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  8. かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】

おすすめ記事

  1. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】
  2. わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷【季語=涼し(夏)】
  3. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】
  4. 【夢の俳句】
  5. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  6. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第43回】浅川芳直
  8. 【春の季語】春の泥
  9. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)
  10. 好きな繪の賣れずにあれば草紅葉 田中裕明【季語=草紅葉(秋)】

Pickup記事

  1. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛
  3. 【秋の季語】天の川
  4. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  5. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  6. 数と俳句(一)/小滝肇
  7. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
  8. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第12回】
  9. 【夏の季語】海の日
  10. 【書評】鈴木牛後 第3句集『にれかめる』(角川書店、2017年)
PAGE TOP