ハイクノミカタ

棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】


棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌

秋元不死男
(「氷海」昭和31年6月号)


去る5月30日は嶋田青峰の忌日だった。秋元不死男は青峰の直弟子であり、この句は十三回忌の法要が営まれた谷中の本寿寺で読み上げられたもの。青峰が不死男をはじめとする弟子達に、主宰した「土上」で俳句に関わる議論に自由に誌面を開放したことで、たとえば秋元不死男(当時は東京三)はペンネームでプロレタリア俳句について論陣を張り、若い論客が集まり、「土上」は新興俳句の牙城の一つとなって、結果的に当局の弾圧を招き、当局に拘束された青峰は、劣悪な拘置環境で持病を悪化させ寿命を縮めた。

昭和55年5月号の三橋敏雄、川名大との鼎談で平畑静塔は、「馬酔木」や「旗艦」などは主宰者の「舵のとり方が堅実であつたということで」弾圧を免れたが、「土上」については、「これはね、嶋田青峰先生の主宰的統率力が弱い。あの人自体がリベラリストですから。」といい、三橋敏雄も「ええ、そうですね。」と同意している。静塔はさらに「だから、秋元不死男、古家榧夫でも勝手放題なんだ。(中略)そのかわり、その先生も犠牲になりましたけどね。」とまで言う。静塔の念頭にいわゆる「オールドリベラリスト」に対する揶揄の感情があったかなかったかでだいぶ文脈が違うのだが、記事からではそこはわからない。が、彼の新興俳句弾圧事件に関する発言は本人も弾圧の当事者なのだがどことなく他人事のような感がある気がするのは私だけだろうか。そもそも、この発言における「堅実」とは、いったいどういうことなのであろう。

それはさておき、たしかに嶋田青峰は俳人というより、大正自由主義の粋のような文化人リベラリストであったと考える方がわかりやすい。そもそも彼は結社の主宰でありながら、俳句プロパーとは言いがたいのであり、たぶん静塔の言う意味での主宰的統率力など発揮すべくもないのだ。秋元不死男も、なぜ弟子になったかといえば、青峰が新潮社のトルストイ叢書『セヴァストポリ』の翻訳をした人と知って興味を持ったからであって、句に感激したからではない。掲句引用元の記事で不死男は、青峰の名で新潮社から昭和11年に出版された『俳句の作り方』の原稿を書いたのは自分(こういうことは昔は割とある)で、それを青峰が手直しして世に出したものであることと、その時の青峰に支払われた稿料三百円(現在の貨幣価値でざっと100万円弱か)を全額自分が青峰から貰ったことを書いているのだが、自分もさして裕福ではなかったはずの青峰の人柄がこういうところにでてくる。リベラルで、お人好しであったために弾圧されるというのならば、それは世の中の方がおかしい。

掲句は、「寺の庭に棕梠があつて、他の木々を抽いて高々と立つていた。折からの雨で、棕梠の葉末にたまる雨滴が美しく仰がれた。」と自解がある。追悼句が皆を抱え込む大樹ではなく棕梠であるというのが、どうもこの師弟に妙に合っているようで、可笑しくもさびしい。

橋本直


【橋本直のバックナンバー】
>>〔35〕谺して山ほととぎすほしいまゝ    杉田久女
>>〔34〕夕立や野に二筋の水柱       広江八重桜
>>〔33〕雲の上に綾蝶舞い雷鳴す      石牟礼道子
>>〔32〕尺蠖の己れの宙を疑はず       飯島晴子
>>〔31〕生前の長湯の母を待つ暮春      三橋敏雄
>>〔30〕産みたての卵や一つ大新緑      橋本夢道
>>〔29〕非常口に緑の男いつも逃げ     田川飛旅子
>>〔28〕おにはにはにはにはとりがゐるはるは  大畑等
>>〔27〕鳥の巣に鳥が入つてゆくところ   波多野爽波
>>〔26〕花の影寝まじ未来が恐しき      小林一茶
>>〔25〕海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規
>>〔24〕白梅や天没地没虚空没        永田耕衣
>>〔23〕隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな  加藤楸邨
>>〔22〕幻影の春泥に投げ出されし靴     星野立子
>>〔21〕餅花のさきの折鶴ふと廻る       篠原梵
>>〔20〕ふゆの春卵をのぞくひかりかな    夏目成美
>>〔19〕オリヲンの真下春立つ雪の宿     前田普羅
>>〔18〕同じ事を二本のレール思はざる    阿部青鞋 
>>〔17〕死なさじと肩つかまるゝ氷の下    寺田京子
>>〔16〕初場所や昔しこ名に寒玉子     百合山羽公
>>〔15〕土器に浸みゆく神酒や初詣      高浜年尾
>>〔14〕大年の夜に入る多摩の流れかな   飯田龍太
>>〔13〕柊を幸多かれと飾りけり       夏目漱石
>>〔12〕杖上げて枯野の雲を縦に裂く     西東三鬼
>>〔11〕波冴ゆる流木立たん立たんとす    山口草堂
>>〔10〕はやり風邪下着上着と骨で立つ    村井和一
>>〔9〕水鳥の夕日に染まるとき鳴けり    林原耒井
>>〔8〕山茶花の弁流れ来る坂路かな     横光利一
>>〔7〕さて、どちらへ行かう風がふく     山頭火
>>〔6〕紅葉の色きはまりて風を絶つ     中川宋淵
>>〔5〕をぎはらにあした花咲きみな殺し   塚本邦雄
>>〔4〕ひっくゝりつっ立てば早案山子かな  高田蝶衣
>>〔3〕大いなる梵字のもつれ穴まどひ     竹中宏
>>〔2〕秋鰺の青流すほど水をかけ     長谷川秋子
>>〔1〕色里や十歩離れて秋の風       正岡子規


【執筆者プロフィール】
橋本直(はしもと・すなお)
1967年愛媛県生。「豈」同人。現代俳句協会会員。現在、「楓」(邑久光明園)俳句欄選者。神奈川大学高校生俳句大賞予選選者。合同句集『水の星』(2011年)、『鬼』(2016年)いずれも私家版。第一句集『符籙』(左右社、2020年)。共著『諸注評釈 新芭蕉俳句大成』(明治書院、2014年)、『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』(ふらんす堂、2018年)他。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(…
  2. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  3. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】
  4. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  5. 秋の風互に人を怖れけり 永田青嵐【季語=秋の風(秋)】
  6. 牛日や駅弁を買いディスク買い 木村美智子【季語=牛日(新年)】
  7. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  8. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】

おすすめ記事

  1. ハフハフと泳ぎだす蛭ぼく音痴 池禎章【季語=蛭(夏)】
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第6回】
  3. 【冬の季語】冬の蝶
  4. ピーマンの中の空気は忘れもの 能村研三【季語=ピーマン(夏)】
  5. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】
  6. もし呼んでよいなら桐の花を呼ぶ 高梨章【季語=桐の花(夏)】
  7. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
  8. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
  9. 【冬の季語】着ぶくれ
  10. 【春の季語】春の夜

Pickup記事

  1. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
  2. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘とおる
  3. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  5. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  7. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)】
  8. 多国籍香水六時六本木 佐川盟子【季語=香水(夏)】
  9. 不健全図書を世に出しあたたかし 松本てふこ【季語=あたたか(春)】 
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第24回】近江と森澄雄
PAGE TOP