ハイクノミカタ

秋鰺の青流すほど水をかけ 長谷川秋子【季語=秋鰺 (秋)】


秋鰺の青流すほど水をかけ 

長谷川秋子(「長谷川秋子全句集」)


鰺は、鰯や鯖などとともに「青魚」といわれる。海で泳ぐ姿を上から眺めると、なるほど背中はきれいな青色に見える。が、釣り上げればきれいな黄金の輝きを放っている。しかし、よく見ると青色もあることがわかる。そして、干物になるとどういうわけか黄金の輝きは失われ、青がもっとはっきりする。狸ならぬ鰺に化かされているようであるが、この発色はなかなか複雑なものであるらしい。鰺だけなら夏の季語だが、秋鰺は脂がのっていて格別にうまいせいか、「角川俳句大歳時記」に立項されていて、明子の義母長谷川かな女の「秋鰺に遊行寺通り早日暮れ」が載る。余談ながら、ハンディ版の歳時記には立項がなく、「秋味」といえば鮭になるのでこのあたりやや紛らわしい。

さて、実際の鰺は先のごとくであるが、こうやって俳句の言葉として「秋鰺の青」と言われると、なにやら鰺の色の全てのような印象になってくるから面白い。鰺の色をすべて奪うように念入りに水を流しているのである。そう言うからには表皮に水をかけているのであって、開いた後の身についた血を流すような景ではなく、まだ刃を入れる前の魚を丹念に洗う作業を詠んだものといえる。あるいは、この念入りな仕草の中に、刃を入れることへのためらいも含意されているだろうか。

長谷川秋子の句の一つの特徴は、動きの中にこのような過剰さを入れてくるところではないかと思う。ほかにもたとえば、「蝶湧きて倒るゝ萩を更に吸ふ」の「更に」、「秋蟬の階ふむ一と足が女優」の「女優」、冒頭の句でいえば「ほど」がそのような効果を生み出すのだろう。

(橋本直)


【執筆者プロフィール】
橋本直(はしもと・すなお)
1967年愛媛県生。「豈」同人。現代俳句協会会員。現在、「楓」(邑久光明園)俳句欄選者。神奈川大学高校生俳句大賞予選選者。合同句集『水の星』(2011年)、『鬼』(2016年)いずれも私家版。第一句集『符籙』(左右社、2020年)。共著『諸注評釈 新芭蕉俳句大成』(明治書院、2014年)、『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』(ふらんす堂、2018年)他。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら【季語=鯨(冬)】
  2. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  3. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】
  4. 落椿とはとつぜんに華やげる 稲畑汀子【季語=落椿(春)】
  5. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片…
  6. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】…
  7. 猫じゃらし全部さわって二年生 小川弘子【季語=猫じゃらし(秋)】…
  8. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】

おすすめ記事

  1. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦
  2. 【新年の季語】初旅
  3. 【秋の季語】赤い羽根
  4. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】
  5. 両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】
  6. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】
  7. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】
  8. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】
  9. 手繰るてふ言葉も旨し走り蕎麦 益岡茱萸【季語=走り蕎麦(秋)】
  10. 「けふの難読俳句」【第5回】「蹇」

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第15回】能登と飴山實
  2. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】
  3. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
  4. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  5. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】
  6. 立ち枯れてあれはひまはりの魂魄 照屋眞理子
  7. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  8. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】
  9. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂
  10. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
PAGE TOP