生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

生前の長湯の母を待つ暮春

三橋敏雄
(「定本三橋敏雄全句集」)


十代の頃に戦火想望句でならした三橋敏雄には、晩年に至ってもしばしば過去を想う句、あるいは、過去を元に現在を想う句が見受けられる。もっとも知られているのは戦争に関するものであろうけれども、それだけではない。常としてなにかある一点を、違う時間の位相から眺めようとしていたところがある作家であったように思う。

掲句は全句集の「しだらでん以後」より取った。「暮春」を詠んだ句なのだけれども、上五「生前の」と下五の動詞「待つ」の関係が作品内の時間の揺らぎをもたらすことによって読者に魔法がかけられてしまっていて、「生前の長湯の母を待つ」の部分の解釈が一つにおさまらないように思う。例えば、一つに、時計の針を母存命の頃に戻して、自分の過去の頃に遡ってその時の現在を詠んでいるとみる解。一つに、母は既に過去の人で、暮春にいる現在ただいまの私の気分が、昔、生前の母が長湯からでてくるのを待っている時の感覚のようである、とみる解。一つに、我もすでに死後の世界の者であり、親子共々生きていたころを振り返っているという解。いわば死後の未来から見た過去の想望句とでもいうべきもの。最後の解は極端で、初めの解が一番素直な読みということになるかもしれないのだけれども、これはどうもノスタルジーの気分が過ぎるように思われる。あえて冒頭に「生前」と置くことが、すぐに「没後」を想起させることを念頭におくならば、この句は、死者の世界と生者の世界が暮春に交わることを詠んだ句でもあるのではないだろうか。加えて「暮春」というのも、季節の暮と一日の暮の二つの世界にまたがる多面的な季語でもある。もしこの母の長湯が子にとって、母の不在の不安を記憶に刻印する出来事であったとするなら、日常と非日常の交差する局面とみることもできるだろう。それにしても、昭和、就中戦前における長湯の母を待つ子の気分とはどのようなものだったのだろう。あるいは、もろもろを一旦放り出して長湯に浸る「母」の気分とは、どのようなものであったろうか。そのようなことも気になってくる作品である。

橋本直


【橋本直のバックナンバー】
>>〔30〕産みたての卵や一つ大新緑      橋本夢道
>>〔29〕非常口に緑の男いつも逃げ     田川飛旅子
>>〔28〕おにはにはにはにはとりがゐるはるは  大畑等
>>〔27〕鳥の巣に鳥が入つてゆくところ   波多野爽波
>>〔26〕花の影寝まじ未来が恐しき      小林一茶
>>〔25〕海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規
>>〔24〕白梅や天没地没虚空没        永田耕衣
>>〔23〕隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな  加藤楸邨
>>〔22〕幻影の春泥に投げ出されし靴     星野立子
>>〔21〕餅花のさきの折鶴ふと廻る       篠原梵
>>〔20〕ふゆの春卵をのぞくひかりかな    夏目成美
>>〔19〕オリヲンの真下春立つ雪の宿     前田普羅
>>〔18〕同じ事を二本のレール思はざる    阿部青鞋 
>>〔17〕死なさじと肩つかまるゝ氷の下    寺田京子
>>〔16〕初場所や昔しこ名に寒玉子     百合山羽公
>>〔15〕土器に浸みゆく神酒や初詣      高浜年尾
>>〔14〕大年の夜に入る多摩の流れかな   飯田龍太
>>〔13〕柊を幸多かれと飾りけり       夏目漱石
>>〔12〕杖上げて枯野の雲を縦に裂く     西東三鬼
>>〔11〕波冴ゆる流木立たん立たんとす    山口草堂
>>〔10〕はやり風邪下着上着と骨で立つ    村井和一
>>〔9〕水鳥の夕日に染まるとき鳴けり    林原耒井
>>〔8〕山茶花の弁流れ来る坂路かな     横光利一
>>〔7〕さて、どちらへ行かう風がふく     山頭火
>>〔6〕紅葉の色きはまりて風を絶つ     中川宋淵
>>〔5〕をぎはらにあした花咲きみな殺し   塚本邦雄
>>〔4〕ひっくゝりつっ立てば早案山子かな  高田蝶衣
>>〔3〕大いなる梵字のもつれ穴まどひ     竹中宏
>>〔2〕秋鰺の青流すほど水をかけ     長谷川秋子
>>〔1〕色里や十歩離れて秋の風       正岡子規


【執筆者プロフィール】
橋本直(はしもと・すなお)
1967年愛媛県生。「豈」同人。現代俳句協会会員。現在、「楓」(邑久光明園)俳句欄選者。神奈川大学高校生俳句大賞予選選者。合同句集『水の星』(2011年)、『鬼』(2016年)いずれも私家版。第一句集『符籙』(左右社、2020年)。共著『諸注評釈 新芭蕉俳句大成』(明治書院、2014年)、『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』(ふらんす堂、2018年)他。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る