ハイクノミカタ

同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋


同じ事を二本のレール思はざる

阿部青鞋
(「ひとるたま」1983年 現代俳句協会)


阿部青鞋はおかしな句を詠む人だというイメージがあって、しかし句集を読み出すと、案外に普通だったりもする。普通というのは、「夕方のはうれん草のひたしかな」や「家庭にて羊の毛皮よごれけり」のような、だからなんやねん、的なツッコミをいれたくなる句とか、「笹鳴きのふんが一回湯気をたて」のような古川柳に片足をつっこんだような意味で勝負する句のことを言う。特に三つ目は、句集の巻頭を飾っていて、この俳人はなかなか人を食ったことをする、と思う。句集タイトルの「ひとるたま」は漢字を当てれば「火取玉」。この玉が集めた光のおこす煙が自分の句であると作者は後記で言う。

さて、基本意味の連結で文脈を構成する作家なのだけれども、「冷蔵庫に入らうとする赤ん坊」、「いくつ鳴るつもりの柱時計かな」、「はりがねがたうとう海になつたのだ」あたりの軽くホラーっぽい句でその奇妙な句柄の片鱗を見せ、「てのひらをすなどらむかと思ひけり」、「食パンを買ひきしのちの別の時間」、「左手に右手が突如かぶりつく」、「うつぶせになればいまだに若きわれ」あたりの句になると、もはや我が身と心は我一人のみのものにあらずという風情でいろいろなものが内部で同居していそうある。そんな句の中に掲句が置いてあると、この二本のレールも、もはやただの物体ではなく、この作家(あるいは作中主体)の身体の延長線上に延びゆく物としてあるような気さえしてくる。多くの句が一見擬人法のような詠み方なのだけれども、それによって人の枠(境界)の曖昧さを露出させているようにも見える。言い換えれば、擬人法で擬人法が壊されてゆく、ということになろうか。もちろんそれは、人のあり様とはいかなるものかを問うことになるのだろう。

橋本直


【執筆者プロフィール】
橋本直(はしもと・すなお)
1967年愛媛県生。「豈」同人。現代俳句協会会員。現在、「楓」(邑久光明園)俳句欄選者。神奈川大学高校生俳句大賞予選選者。合同句集『水の星』(2011年)、『鬼』(2016年)いずれも私家版。第一句集『符籙』(左右社、2020年)。共著『諸注評釈 新芭蕉俳句大成』(明治書院、2014年)、『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』(ふらんす堂、2018年)他。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  2. 枯野から信長の弾くピアノかな 手嶋崖元【季語=枯野(冬)】
  3. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】
  4. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 
  5. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  6. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花…
  7. 皮むけばバナナしりりと音すなり 犬星星人【季語=バナナ(夏)】
  8. 一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】

おすすめ記事

  1. ライターを囲ふ手のひら水温む 斉藤志歩【季語=水温む(春)】
  2. 【春の季語】春雷
  3. 愛断たむこころ一途に野分中 鷲谷七菜子【季語=野分(秋)】
  4. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】
  5. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  6. 死も佳さそう黒豆じっくり煮るも佳し 池田澄子【季語=黒豆(新年)】
  7. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】
  8. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
  9. よし切りや水車はゆるく廻りをり 高浜虚子【季語=葭切(夏)】
  10. 新婚のすべて未知数メロン切る 品川鈴子【季語=メロン(夏)】

Pickup記事

  1. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂
  2. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  3. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  4. 嚙み合はぬ鞄のチャック鳥曇 山田牧【季語=鳥曇(春)】
  5. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  6. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子
  7. 【新年の季語】人の日
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第51回】 軽井沢と堀口星眠
  9. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃
PAGE TOP