ハイクノミカタ

色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】


色里や十歩離れて秋の風 

正岡子規(「散策集」)


「宝厳寺の山門に腰うちかけて」と前書。この寺は一遍上人の生誕地で、今は境内にこの句碑がある。初読、「十歩」という措辞の妙な調子のよさとか、「色里」という語の近世的古風にどこか虚構っぽさを感じたのだが、実際はそうではない。今から125年前の明治28年10月6日、愚陀仏庵で同居生活をしていた子規と漱石は、道後温泉に吟行にゆく。「散策集」には「松枝町を過ぎて宝厳寺に謁(まう)づ」とある。この寺は、道後温泉本館から少し離れた高台にあり、当時その道程のゆるい坂の両脇には、寺の直近まで松枝遊郭の妓楼が軒を並べていた。その様子を後年、漱石は「坊ちゃん」に「山門のなかに遊廓があるなんて、前代未聞の現象だ」と言わせている。だからこの「十歩離れて」には、その遊郭を通り抜けた子規の実感が含まれている。濃密な人の情欲の場をくぐり抜けた目と鼻の先にある秋風の吹く寺なんて、ちょっと出来すぎた異世界ではないか。

この時、半年も遡らない日清戦争帰りの船の上で喀血して長期入院療養を余儀なくされていた子規は、なお己の死と生を思っていただろう。そんな死病をかかえ転がり込んできた友を一つ屋根の下に受け入れた漱石は、この年から作句数が急に増えてゆく。このコロナ禍の世界にあっては、そんな彼らの明治28年が、以前より少しだけ親しく感じられる。

(橋本直)


🍀 🍀 🍀 季語「秋の風」については、「セポクリ歳時記」もご覧ください。


【執筆者プロフィール】
橋本直(はしもと・すなお)
1967年愛媛県生。「豈」同人。現代俳句協会会員。現在、「楓」(邑久光明園)俳句欄選者。神奈川大学高校生俳句大賞予選選者。合同句集『水の星』(2011年)、『鬼』(2016年)いずれも私家版。第一句集『符籙』(左右社、2020年)。共著『諸注評釈 新芭蕉俳句大成』(明治書院、2014年)、『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』(ふらんす堂、2018年)他。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子【季語=人の日(新年)】
  2. 妹の手をとり水の香の方へ 小山玄紀
  3. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 
  4. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  5. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
  6. t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉
  7. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  8. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】

おすすめ記事

  1. 【#21】中国大連の猫
  2. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  3. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
  4. 萩に雨こんな日もなければ困る 中原道夫【季語=萩(秋)】
  5. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【6】/宇志やまと(「銀漢」同人)
  7. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第99回】川島秋葉男
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年11月分】
  10. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  2. こんな本が出た【2021年4月刊行分】
  3. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
  4. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  5. やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子【無季】
  6. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】
  7. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  8. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  9. 【連載】歳時記のトリセツ(4)/中西亮太さん
  10. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
PAGE TOP