ハイクノミカタ

色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】


色里や十歩離れて秋の風 

正岡子規(「散策集」)


「宝厳寺の山門に腰うちかけて」と前書。この寺は一遍上人の生誕地で、今は境内にこの句碑がある。初読、「十歩」という措辞の妙な調子のよさとか、「色里」という語の近世的古風にどこか虚構っぽさを感じたのだが、実際はそうではない。今から125年前の明治28年10月6日、愚陀仏庵で同居生活をしていた子規と漱石は、道後温泉に吟行にゆく。「散策集」には「松枝町を過ぎて宝厳寺に謁(まう)づ」とある。この寺は、道後温泉本館から少し離れた高台にあり、当時その道程のゆるい坂の両脇には、寺の直近まで松枝遊郭の妓楼が軒を並べていた。その様子を後年、漱石は「坊ちゃん」に「山門のなかに遊廓があるなんて、前代未聞の現象だ」と言わせている。だからこの「十歩離れて」には、その遊郭を通り抜けた子規の実感が含まれている。濃密な人の情欲の場をくぐり抜けた目と鼻の先にある秋風の吹く寺なんて、ちょっと出来すぎた異世界ではないか。

この時、半年も遡らない日清戦争帰りの船の上で喀血して長期入院療養を余儀なくされていた子規は、なお己の死と生を思っていただろう。そんな死病をかかえ転がり込んできた友を一つ屋根の下に受け入れた漱石は、この年から作句数が急に増えてゆく。このコロナ禍の世界にあっては、そんな彼らの明治28年が、以前より少しだけ親しく感じられる。

(橋本直)


🍀 🍀 🍀 季語「秋の風」については、「セポクリ歳時記」もご覧ください。


【執筆者プロフィール】
橋本直(はしもと・すなお)
1967年愛媛県生。「豈」同人。現代俳句協会会員。現在、「楓」(邑久光明園)俳句欄選者。神奈川大学高校生俳句大賞予選選者。合同句集『水の星』(2011年)、『鬼』(2016年)いずれも私家版。第一句集『符籙』(左右社、2020年)。共著『諸注評釈 新芭蕉俳句大成』(明治書院、2014年)、『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』(ふらんす堂、2018年)他。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  2. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
  3. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】
  4. 天籟を猫と聞き居る夜半の冬 佐藤春夫【季語=夜半の冬(冬)】
  5. 一月や去年の日記なほ机辺     高濱虚子【季語=一月(冬)】
  6. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔
  7. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】
  8. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  2. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  3. 【春の季語】鳥の恋
  4. 蝌蚪乱れ一大交響楽おこる 野見山朱鳥【季語=蝌蚪(春)】
  5. 【春の季語】朧
  6. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  7. 【春の季語】余寒
  8. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】
  9. 【春の季語】立春
  10. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】鴨引く
  2. 【書評】津川絵理子 第3句集『夜の水平線』(ふらんす堂、2020年)
  3. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
  5. 【冬の季語】室の花
  6. 大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】
  7. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
  9. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】
  10. 吸呑の中の新茶の色なりし 梅田津【季語=新茶(夏)】
PAGE TOP