ハイクノミカタ

辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】


辛酸のほどは椿の絵をかけて)

飯島晴子

辛酸の「ほど」とは。「程度」という意味にもとれるし、「ご検討のほどよろしくお願いします」のような「ほど」ともとれる。前者の場合には、椿の絵をかけることによって、辛酸の程度が占われるような感じがする。椿の絵をかけなければ、本当にどれくらい辛いかはわからないということでもある。後者だと、意味としては辛い時に椿の絵をかける、というくらいになろうが、妙に丁寧な言葉遣いが、きっちりと整った狭い座敷などを思わせる。辛い時こそ、この閉鎖空間に椿の絵をかけてやり過ごそうというところだろうか。

散文の文法をそのまま当てはめることのできないこのような句の場合、雰囲気だけでなんとなく評される場合が多い。しかしながら、そういう句ほど、踏み込んで解釈をし、どのような世界が展開されているかを具体的に想像する必要がある。晴子俳句を読む醍醐味の一つでもあろう。

以前、〈つひに老い野蒜の門をあけておく〉〈鶯に蔵をつめたくしておかむ〉〈かげろふの坂下りて来る大あたま〉〈やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ〉〈草に木に手を隠しゆく宮参〉〈よき声の椿をはこぶ闇路あり〉といった一連の句に、赤子の誕生という文脈を勝手に与えた。その中に掲句は配置されている。すると、この「椿の絵」は、赤子の絵という解釈もできるのである。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔45〕白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子
>>〔44〕雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子
>>〔43〕髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子
>>〔42〕ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子
>>〔41〕人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子
>>〔40〕年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子
>>〔39〕白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子
>>〔38〕新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子
>>〔37〕狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子
>>〔36〕気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子
>>〔35〕蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子
>>〔34〕みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子
>>〔33〕冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子
>>〔32〕小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子
>>〔31〕鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子
>>〔30〕鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
>>〔29〕秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
>>〔28〕ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 葱白く洗ひたてたるさむさ哉 芭蕉【季語=葱(冬)】
  2. 妹の手をとり水の香の方へ 小山玄紀
  3. べつたら市糀のつきし釣貰ふ 小林勇二【季語=べつたら市(秋)】
  4. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  5. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  6. 赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂【季語=昼寝(夏)】…
  7. 天高し深海の底は永久に闇 中野三允【季語=天高し(秋)】
  8. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚
  2. 【春の季語】四月
  3. わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷【季語=涼し(夏)】
  4. 【春の季語】霞
  5. 【春の季語】紅梅
  6. 晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ 篠田悌二郎【季語=躑躅(春)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年10月分】
  8. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  9. 【#31】ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服
  10. 噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】

Pickup記事

  1. 【第20回】新しい短歌をさがして/服部崇
  2. 薫風や今メンバー紹介のとこ 佐藤智子【季語=薫風(夏)】
  3. いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
  4. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女
  5. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  6. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】
  7. 【夏の季語】月涼し
  8. 【第9回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:今井肖子さん・三宅やよいさん・土肥あき子さん)
  9. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#17
  10. 数と俳句(三)/小滝肇
PAGE TOP